<江戸>商品の“値段”の決め方に対する法律

ねふだぁ

 

 

今でも、ありえることかもしれませんが

江戸時代には

店頭に置いてある商品を、客が値札を見て

「これちょっと高いんじゃないのか?」

と言ったり

「今、あんまり金を持っていないから~」

とか言って

とりあえずなんとかして値切って安く買おう、とすることが多かった。

 

( 余談ですが、

江戸時代後期には、すでに商品に

値札というものが付けらるようになっていた、、、が、しかし

それ以前は、商品に対して

誰でも一目で値段が分かるように値札を付ける、

という習慣はあまりありませんでした。 )

 

 

・・・で、それで店側も、そういった値引き請求してくる客に対しては

「分かりました、仕方ないですね、2割ほど値引いて

販売いたしましょう、これ以上は下げれませんよ?」

とか言って、値引いてあげて売ってあげると

客も納得して、すぐに金を出して買って行ってくれるのであった。。。

 

だから、店側としては、最初から

お客さんが、店頭の商品ないし、品物を

値引き請求してくることを前提として、というか予想して

本来の一般的な価格よりも、値札には多少高めに値付けをしていたらしい。

 

たとえば、本来800円で売る物を、最初から1000円という値札を付けて

置いておいて、もし、お客さんから

「これ、ちょっと高いんじゃないのか?もっと安くならないか?」

という値引き請求を受けたら

「ああ、あなた様には、かないませんな~、お上手で」

と言って、800円にして売ってあげる、、、と。

 

そうすれば、客も自分の要求を飲んでくれたことに対して

満足するし、店側も一切損はしない、

という感じになる。。。

 

 

しかし、幕府というか、

そういった物の売り方が定着しつつあった地域の

管轄の奉行所(その地域の行政とかしきっているところ)は、

 そういう物の売り方ないし値付けの仕方を

どこの店もみんなでしていたら、

だんだん物の値段がつり上げっていき

庶民も困るし、そのうち、どこかの店が抜け駆けして

一方的に自分の店の商品を安くして売り始めでもしたら

たちたち他の店も追従して、値下げ競争が始まって

その結果、すべての物の値段が急落して

利益の出なくなった店がつぶれ出すし、

商品の仕入れ先も打撃を受けるから

そういった値崩れを起こさないようにするためにも

値引き込みの値段で、値付けするのではなく、

普通に本来の適正な値段で売れ!

正札販売しろ! <しょうふだ、はんばい> ) 」

とかいう、お触れ(法律と言うよりも条例みたいなもの)

を出した。

 


 

言っていることは、もっともなことではあるが

なんというか、基本、店側が自分の店の商品をいくらで売ろうが

その店の勝手じゃ無いのか、そこまで、お上が直接、口を出すのか?

と思うかもしれないが、、、

 

まぁ、当時の幕府ないし、奉行所は、結構、庶民の生活や

商売に関して、かなり細々と細部まで、一方的にお上の都合だけで

あ~だ、こ~だ、と言って介入して

管理ないし、調整しようとしていた、、、

鞭だけで、アメは一切与えようとせずにね。

民主主義の時代では無いからねぇ~、といえば、それまでですが。

 

まぁ、しかし、こういう感じの御触れを出したところで

どこまで商売人に守られていたのかも疑問ですがね、、、、、

たとえ、違反したら罰すると定められていても

適正価格がどのくらいか?自体、明確でも無いですし

いくらでもごまかしようはありますから。

 

 

・・・そういえば、今の 現代であれば

直接、売る側と買う側が、値引きの話をする時っていうのは

会社同士で物を売ったり仕入れたりする時や

電機屋でパソコンや家電でも購入する時ぐらいですかね?

 

そして、もちろん、すでに、

電機屋の場合は、

値引きできる金額は、もちろん店側で大体決めていますし

会社の仕入の場合も、

一度に大量に仕入れてくれた場合には

何割か値引きしてあげる、という仕様になっています。

 

 

それらに対して

一般の店先とかの店頭で売られている物に関しては

客が店と値引き交渉する余地なんて、ほとんど無いですし

それに、店の裁量で勝手に古くなれば

値引きされていく。。。

 

 

 



 

<江戸時代 商品 売り物 品物 値切り 値切る 決定 価格 値札 値段>