おすすめ記事(スクロールできます)



昔あった効率の良い精神障害の治療法

果実

 

 

 

今回は、一昔前にあった精神障害者に対する効率の良い治療方法の話をする。

まぁ大体ここ100年くらいの話なのですが。

そうすると結構、最近のことなのかもねぇ。

 

 

とにかく、そんくらい前の昔には、

世界的に各地で戦争とかもあったので

戦地から帰還した兵士とかがたくさんいたのだが

生死の狭間のやりとりをしてきたので

精神的なショックを負ってくることが、多々あったので

家に帰ってきて、唐突にワーワーわめいたり

ギャーギャー暴れ出すことがあったらしい。

 

 

戦地で人殺しの経験のある彼らが

家に帰ってきて暴れられると、

家族や周囲のモノにとっては、たまったものではない。

とてもじゃないが手に負えない。

 

 

なので、そういった相談を受けた医者達は

なんとかできないものかと、ずっと考えていた。

 

 

そして、そのうち1人の画期的な医者が現れる。

その医者は、そういった精神障害者の頭の前側に

直接、穴をあけて

テキトーに手術器具を脳みそに、ぶちこみ、

はたまたテキトーに、とにかくカンで、そのぶちこんだ手術器具を動かして

グリュグリュと脳みそをいじれば

その後、その障害者が、暴れたり騒ぐことなく

シーンと大人しくなることを発見した。

これで、その障害者を養っていた家族にとっても

手間がかからず、ペットのように接してやればいいだけになった。

 

 

当時としては、その治療法を

大変素晴らしい画期的な手術だ、として大変評価された。

(・・・これは大変だ)

 

 

しかし1つ問題があった。

それは障害者である患者の頭に穴をあけるのに手間が、かかったということだ。

頭を囲っている骨は硬いのだ。

(・・・ソッチかよ、それ以前の問題の話では?)

 

 

その脳みそをテキトーにいじくる画期的な方法を発見した医者には

とても優秀な弟子がいた。

その弟子は、自分なら、、、もっと、、、師匠よりも、もっと、、、

上手く手術を行えるはずだ!と意気込んでいた。

その弟子は大変な頑張り屋さんで

日夜、患者である障害者の頭に懸命に無駄に穴をあけて

その脳みそをテキトーにグチャグチャといじっくって

修行にあけくれていた。

 

 

しかし、それでも、障害者である患者の

頭を囲う硬い骨によって

脳みそに、ぶちこんだ手術器具が、開けた穴につっかえて、ボキンと折れてしまい

そのたびに心折れる日々が続いた。

 

 

しかし、決して、その弟子はあきらめなかった。

自分の家に帰ってきてからも

果物屋で買ってきたグレープフルーツを

障害者である患者の頭に見立てて

穴をあけて、器具をつっこんで、グチャグチャいじりまわして

懸命に練習にはげんだ。

 

 

そうして、そのように、がんばっているうちに

その弟子は、とても良い方法を発見した。

そうだ、障害者の硬い頭に、わざわざ穴なんて開けずに

直接、目のスキマから器具をつっこんで

これこそ直接、脳みそをテキトーにいじくり回せばいい、、、のだと。

 

 

そして、それには、どこの家庭にでも置いてある

氷を削るためのアイスピックが一番向いているのではないのかと・・・

とにかく、実践あるのみだ!

 

 

そして彼は、アイスピックのような手術器具ではなく

本当にただのアイスピックを手術に使い始めた。

凝った道具なんかよりも、家庭的なものが、やっぱり一番だ

 

 

彼は、精神障害者の目のスキマに

アイスピックを差し込んで

トンカチで前側の脳みそに、カンカンと直接ぶち込んで

車のワイパーのようにキュイキュイと左右に無駄に動かして

障害者である患者の脳みそを、テキトーにかき混ぜた。

 

 

一応、ここで言っておくが

人の脳みその正面、つまり前側の脳みそ、には

人の感情やら判断能力やらを、つかさどる、

部分となっている。

つまり、人が人であるための

けっこうデリケートな部分なのだ。

 

 

そこを彼はテキトーに、なんとなくカンで、かきみだして

いじくりまわしたのであった。

 

 

彼の患者であった障害者の脳みそは

思考とともに、いたずらにかき乱され

グチャグチャとなり、最終的には

わめくことをやめてシーンと大人しくなった。

これもまたペットみたいな感じになった。

 

 

頭に穴をあけることなく脳みそを、テキトーにいじることのできる

さらに新しい方法による手術は大成功だ!

これもまた、当時の世間には広く受け入れられた。

 

 

ちなみに、その、さらに新しい手術方法を開発した彼は

障害者の脳みそをアイスピックでいじる時には

テキトーに自分のカンでなんとなく動かすために

手の微細な感覚が失われるような、手術用の手袋をはめたり

手術をする場所を無菌空間にするような

そんな手間のかかる、めんどくさいことを大変、嫌ったとか。

あくまでも、どこでも簡単にできる脳手術をめざした

それは彼なりの、手術に対する、こだわりである。

 

 

<関連する記事>

 

トンデモ治療をした宮廷医師の言い訳

 

大昔の猫背の治療法(矯正法)の話

 

タバコが、ガンへの有効な治療薬だと思われた時代があった

 

 

 

<治療 手術  歴史 医療 医術 アイスピック グレープフルーツ 精神障害者>