おすすめ記事



<江戸>馬を逃がし年俸を半分に減らされた話

ほーす

 

 

江戸時代の話。

とある、お殿様がいて、その人はとても馬好きであった。

それで、いろんなところから馬を買い集めて

お気に入りの馬を城の近くに馬小屋ないし、馬牧場を設けて

そこにおいていた。

 

しかし、ある日、そこから馬が複数頭いなくなってしまった。

 

逃げ出したのか、はたまた、誰かに盗まれたのか、、、は分からないが

それで馬を探すために

「こうこう、こういった毛並みの馬が何頭かいなくなってしまった、、、

もし、逃げ出した馬を見かけて魔が差して、自分の物にしてしまったり

牧場から馬を盗んだ人がいたとしても

来月末までに申し出てくれれば罪には問いません。

 

「また、とにかく、いなくなった馬をどこかで見かけて

それを知らせてくれた人には、お金などをあげてます。」

と書いた看板を、そのいなくなった馬を飼っていた(置いていた)

馬小屋ないし馬牧場の周辺に、いくつか立てられた。

 

いったん自分の物にしたとしても、正直に申し出たら

罪には問わないとか、、、本当か?

 

 

けれども、どこからも馬が見つかった、という報告・知らせはなかった。。。。

 

で、馬の持ち主であるお殿様は、どうしたかというと

「今回、馬が数頭いなくなったけれども、それはやはり

馬の世話や管理を任されていた連中に責任がある!

一体日頃から何やってたんだ?

とても、けしからんと思う。」

 

「それに加え、最初、馬がいなくなった時も

すぐに上へ、そのことを報告せずに、自分たちだけでなんとかしよう、

なんとか馬を見つけ出して、収集をつけようとしたんだってな?

 

「お前達が、処分を恐れずに隠し立てせず

すぐに上へと報告して、早めにみんなで探していれば

もしかしたら馬は、すぐに見つかったかもしれないのにな!

まったくもって、けしからん」

 

「だからお前達の今年の給料ないし、年俸は50%カット、

つまりハーフカットの半減にする!」

、、、、と、いうことにした。

 

 

まぁ普通なら、当然クビになるのであるが、クビにはならなかった。

しかし年俸50%カットは、けっこうキツいかもしれないが。

う~ん、しかし、つまり仕事自分から辞めてしまえ!ってことなのか?

よく分からん。

 

まぁとにかく、江戸時代の不始末のお決まり、

クビチョンパまたは腹切り(死罪、切腹)、もしくは島流しに

ならなっかっただけ

マシというか寛容な処分だったというワケか・・・

 

 

それにしても、お殿様の馬だし、それらの馬を紛失して

すぐに報告しない、できなかった、というのは

なんとなく、その気持ちは分かる。

 

どんな、お咎め(おとがめ)を受けるかも分からないし

できるだけ大事にせず

自分達だけで、なんとかしよう、とか思うわな。。。

 

でも、やはり年俸50%オフは、地味にけっこう、こたえると思う。

十分、罰になっていると思う。

 

 

 

SH

 

 

 

 

まったく、その通りだよ。

私も仕事とかで、どうしようもないことに対して

一人で、内心、よく怒ることがあるが

そのたびに、神経が無駄にすり減っている。

 

なんかこう、「ウッ!」となることが多い。

 

けれども、やはり、できるだけ平常心、

またはノンビリしていないとね~、心持ち的に。

 

仕事に関しては、やはり神経を使い、

仕方なく、その神経をすり減らさないといけないが、

オフの時には、できるだけ仕事のことや、その他、

人間関係について思い出さずに

ノンビリと、できるだけ好きなことやってリラックスしているように

心がけようと思う。

 

 

 

<江戸時代 馬 減給 給料 半分 仕事 ミス 落ち度 減俸 偉い人 身分>