おすすめ記事(スクロールできます)



赤ちゃんの手は、常に握った状態である話

 

 

テキトーに書いていくので、あしからず。

 

 

 

なんか赤ん坊の手とかの絵とかイラストとかを描く時には

手の拳は握られた状態(グー)にして描いておけ、

とか言われたことはないでしょうか?

 

 

生まれてから、半年未満とかの赤ん坊は

いつもコブシを握った状態でいるらしい。

 

 

これを、たしか手掌把握反射(しゅしょうはあくはんしゃ)とかいう

反射的なものであるらしい。

 

 

手のヒラは、そっと握るだけ。

 

 

 

あと基本的に、生まれてから半年未満の

赤ちゃんというのは、手のヒラに、誰かが(親とかが)親指を入れると

ギュッと握ってきたりしますよね?

 

 

あれは、なんのための行動なのであるのか、というと

親と子供(赤ん坊)との間の、信用関係を築くと言いますか、

そうすると親が赤ん坊に、いろいろ与えやすくなったり

とにかく赤ん坊自身は安心するためというんでしょうか?

たぶんそんな感じだったはず。

 

 

で、だんだんと赤ん坊が、成長していき脳や神経がある程度発達すると

そういった反射的な行動は、なくなっていくんだとか。

 

 

なので、そういった反射的な行動がなくなっていく過程を見ていけば

親は、そろそろ成長してきたな

そろそろ離乳食与えてみようかな~って感じになるんでしょうかね。

 

 

 

・・・なるほど。

 

 

 

ってことは赤ん坊が手のヒラ開いた状態で描かれた絵とかは

見る人から見れば不自然に見えるのかもね。

 

 

まぁ漫画とかだったら、はっきり言って、別にリアリティ出さなくてもいいので

赤ん坊の手が開いていようが、閉じていようが、どうでもいいのですがね。

 

 

でも、それでもリアリティなんか出した絵を描きたいとか

言うのであれば、そういう必要があると言うのであれば

なんというか、そういう年齢特有の自然と出てくる仕草とかも

いろいろ赤ん坊に限らずに知っておかなければならないんだなぁ~、とか

思ったり。

 

 

まぁ今回は、あくまでまだ人間に自我が確立する前の

反射的な行動に関する話であるのですが・・・

 

 

ああ、あと赤ん坊も自我自体は、半年もたつくらいには

ほどほど芽生えてきて、喜怒哀楽くらいの感情は、

はっきりさせるらしいが。

 

 

だったら生まれたばかりはともかく、半年近く経った赤ん坊であれば

喜怒哀楽のある程度はっきりさせた感情表現つけて

顔とかの表情の絵を描いたとしても、まぁ違和感ないのかもね。

 

 

 

SH

 

 

<関連する記事>

 

カンガルーは産まれた直後に独力でポケットまで登らされる

 

昔、精子の中に赤ちゃんの体が丸々あると思われてた

 

 

 

<絵 イラスト 描写 反射 生後 赤ちゃん 赤ん坊 握る>