おすすめ記事



そんな高所から飛び降りたら・・と忠告したら脅迫か?

たかい

 

 

高いところから飛び降りようとしている人に

「 あなた、そんな高いところから飛び降りたら死んでしまいますよ! 」

と言って、忠告というか、思いとどめようとするのは

脅迫になるのか?

 

つまり、

「 飛び降りたら、あなた死ぬよ! 」

という文言が、脅迫が成立する上での

害悪の告知(脅迫する言葉)にあたるのか?っていうことです。

 

場合によっては、相手の不安をあおって「死ぬよ!」と

告げているようにも見受けられるかもしれませんからね。

 

・・・まぁ私が一体何言っているのか分からない(?)かもしれませんが

とりあえず、そういうことです。

深く考えないでください。

 

 

それで、弁護士さんに聞いてみたところ

忠告した人は、

飛び降りようとしている人が、実際に飛び降りたらどうなるのか?

という、

飛び降りようとしている人自身の行為の結果を

予想して告げているだけなので

害悪の告知に当たるような言葉は一切言っていないので

脅迫にはならない、とのこと。

 

 

しかし、もしも、たとえば、忠告する人が

「 私にお金をいくらか払わなかったら、あなた死んでしまいますよ! 」

と言ったのであれば、これは害悪の告知にあたる可能性が高い。

 

なぜならば、さきほどは

忠告者は

飛び降りようとしている人“自身”の行動の結果を予想して

告げただけであり

別に、忠告者自身が、その飛び降りようとしている人に

危害を加えるようなことは一切告げていない。

( というか心配して言ってあげている )

 

しかし、その、

私に金払わなかったら死ぬかも!という言葉は

忠告者自身が、金を払わなかった人に対して

何かしらの危害を加えるようなことを告げている。。。

 

つまり、自分自身以外の誰かから、

危害を加えられることを、ほのめかされたら

その時、言われた言葉は脅迫で言うところの

害悪の告知にあたるが、、、

(つまり脅迫に該当する)

自分自身の行動によって

自分自身が怪我したり死ぬなりの危害(というか被害)を

受けることを、誰かから告げられても

それは脅迫でいう害悪の告知にはあたらない、、、ってことですね。

 

 

今回、話したことは、よく考えなくとも

当たり前と言えば、当たり前のことですが、、、、

それでも、一度よく考えてみる余地のあることではないのでしょうか?

 

 

あと、余談 ではあるのですが

私が、中学生の頃、部活の後輩が

2階にある、部室の窓から

「 これくらいの高さなら、飛び降りても怪我しないだろ~

それに俺体軽いし~ 」

とか言って、遊び半分で飛び降りようとしていたのを

まわりで見ていた人が

「 絶対、足の骨折るから! 」

と、忠告していたにも関わらず

そのまま自信満々で、飛び降りてしまいました。

 

かなりの高さ、4mくらいはあったのですがね。

それでも、ほぼ無傷で、上手く着地したのですから

すごい、と思ってしまった。

着地した瞬間、前転してたから、上手く衝撃逃がしたのかも。

( パルクールっていうのか? )

下がコンクリではなく、草むらだったとしても、なかなか・・・

まぁ、それでも足をくじいたみたいなので

もう二度と飛び降りることはしませんでしたが。

でも、やっぱり普通はやらないだろ。

若さ、と、馬鹿さ、は紙一重だと思う・・・

 

 

 

 

<高所 パルクール 高い所 飛び降り 警告 忠告 注意 心配>