おすすめ記事



隠れる時には、なぜ顔を隠した方が良いのか?、他

 

 

うろ覚えで、4記事分、書きます。

 

 

目次

 

①顔を隠すのは、隠れた本人の心を落ち着かせるため

②<歴史>額に手をかざす敬礼の由来とは?

③体育の時間に、体操着を着用せず転んで訴えた話

④雨の日の、水の跳ねた服汚れの落ちにくさは、地域によって違う理由

 

 

 

①顔を隠すのは、隠れた本人の心を落ち着かせるため

 

 

頭隠して、尻隠さず、とか言いますが、

誰かから隠れる時には、どこぞの物陰にとりあえず潜んだ後には、

自分の顔を、手や、服の袖などを使って、積極的に隠した方がいいらしい。

 

 

これは相手から見つかりにくい、とかいう理由よりは、

どちらかというと隠れている本人の精神安定のためである。

 

 

自分の視界を、自分で何かで覆って隠して、何も見えなくすることにより、

なんか精神が安定するらしい。

 

 

まわりが自分からまったく見えない状態になって、

うまく隠れることができた、とか思い込んでしまうのであろうか。

 

 

しかし、そうすれば、うまく呼吸も荒ぶることも無く整い、

安心して、

自分はうまく隠れられたのだ、と思い込む自信からか、

自然と気配も抑えることができて、まわりと同化できて、

気付かれにくくなるのであろう。

 

 

②<歴史>額に手をかざす敬礼の由来とは?

 

 

あの世界で至るところで行われている、

軍隊とかでの挨拶とかでする右手をピシッと額の前に、

かざすような感じで

行う敬礼は、なんか中世の西洋騎士の挙動が起源になっているんだとか。

 

 

なんかお偉いさんが来た時に、甲冑を着込んだ騎士達が、

カブトの前の部分をガラリと開けて顔見せたりする時の挙動が、

今現代行われている敬礼に似ているというか、

そういう感じで挙動だけ残った、とか。

 

 

③体育の時間に、体操着を着用せず転んで訴えた話

 

 

海外の話。

 

 

学校で生徒が体育の時間に、普段着で体育の授業をうけて運動していたら、

ズボンの長い裾につまずいて、転んだらしい。

 

 

それで、なんか、親が学校側を訴えたらしい。

 

 

どうして生徒にもっと強く、普段着では無く、

体育の時間に体操着などをしっかり着用するように言わなかったのか。

 

 

まぁ海外ですので、ある程度服装は自由なのかも知れませんよね。

 

 

まぁしかし、自由ということは、、、

 

 

 

④雨の日の、水の跳ねた服汚れの落ちにくさは、地域によって違う理由

 

 

特に地方と都市部では違うらしいですね、

都市部の方がなかなか洗っても落ちにくいらしい、

そこはかとなく。

 

 

その理由は、なんか跳ねた水というか、地面の土に、

排気ガスやら、なんかネバネバした物が溶け込んでいるかららしいですね。

 

 

なんか都市部で排出される、いろいろな物が、そこの地面に吸収されていて、

それが雨の日に、歩いた時などに服についたら、落ちにくい。

 

 

 

 

<歴史 ノウハウ 方法 雨 天気 天候 服 挨拶 裁判>