犬と猫を同時に飼うな、という法律の話

友達以上

 

 

海外の話。

うろ覚えなので、あしからず。

 

 

 

海外のどこぞの地域では、犬と猫を、1つの家庭で

両方同時に飼ってはいけない、という法律ができたんだとか。

 

 

なぜそんな法律ができたのか、というと、

お偉いさん達の間で話し合って

どうやら犬と猫を同時に1つの家、つまり1つの場所で

飼ったりすると、お互いに喧嘩して争い

傷つけ合ってしまうことが考えられたそうだ。

 

 

それで制定されたんだとか。

 

 

けれども、実際には犬と猫を同じ家で同時に飼ったりしても

特に問題は生じないと思うんですけどねぇ、現実的に。

そんなに仲が悪いなら、少しお互い離して飼えばいいだけですし。

 

 

 

とりあえず、そこの地域のお偉いさん達の間だけで

良かろう、という感じで作られた法律なので

法律が定められた、そこの地域の住民からブーブー言われて

反対されたらしい。

まぁみんな犬も猫も飼いたいですよねぇ?

 

 

それにすでに両方を飼育している家は、いまさら、どうすりゃいいんだ?

いまさら片方捨ててこい、とでも言うつもりか?

 

 

動物好きで、犬猫いろいろ動物を飼っている人には

結構キツイ法律。

 

 

元々お偉いさんが、地元の住民から票ないし

人気を得るために考えたことなのに、空回りしている感があった、、、らしい。

 

 

結構、前にできた法律らしいが、今でも廃止されずに残っているのだろうか?

 

 

なんでもそうですが、一旦作られてしまい、施行されてしまったら

多くの人が「コレは・・・」と思う内容であっても

(制定者自身も、同様に、あとからアチャ~と思っても)

しばらくは、どうしようもできないことが多いですので・・・

 

 

 

あと余談ではありますが、

最初この法律のこと聞いた時

犬と猫がお互いに好きになってしまって

フォーリンラブされたら、アレなので、やむを得なく作られた法律かと思った。

 

 

つまり、同種同士でさえ、子供ができすぎるのに

もし異種間同士でも子供出来てしまったら

(なにかの遺伝子的な間違いで)

ちょっと増えすぎて、どうしようもなくなるかも、、、、

 

 

まぁ犬みたいな猫や、猫みたいな犬が、やたらと増えたら

それはそれでいいのですが(笑)

 

 

 

別に犬と猫が愛し合っても、遺伝子でも科学的に、実験的に、

いじくりでもしないかぎり、できないのではありますが、、、たぶん。

 

 

 

 

 

 

<法律 犬 猫 飼育 同時 家庭 家 禁止 飼う ご機嫌取り 集票 集票活動 選挙 人気 人気集め 施行 動物 仲良し 険悪 嫌悪 海外 外国 両方 同居 一緒 仲良く>