おすすめ記事(スクロールできます)



街頭でティッシュを渡すのは、心理学的な理由から

 

相手から少しのことでも(些細なことでも)

何かしてもらったら、

こちらも何かしてあげなきゃ、、、とか

思ってしまう心理について、話していく。

 

 

(うろ覚えで書くので、そこらへんはご理解を。)

 

 

とにかく

どんな些細なことでも、してもらったら、、、

特に日本人の中でも社交的な人であれば

そう思ってしまうらしいのだ。

 

 

 

たとえば、思い浮かべて欲しいのは

街頭の通りとかに立っていて、ポケットティッシュを配っている人。

 

 

アレを受け取ってしまうと、

あの~すみません、ちょっとよろしいですか?とか話しかけられて

うっかり立ち止まってしまい、

何かの勧誘だか、商品の説明だかをつい聞いてしまった、とか

そういうことはないだろうか?

 

 

ああいう行為は、なんか心理学に基づく行為であるらしいのだ。

 

 

最初に少量の物を、相手に与えることによて、

相手のこちらも何かしてあげなければならないのか?とかいう

ちょっとした人間の心理のスキをついて、

話をちょっとは聞いてあげなきゃ、とか思わせて

足を止めさせて説明を聞かせ

 

(場合によっては、最初に与える物はティッシュとかでなくて、

試食品とかコーヒーとかもいうこともあるが)

 

 

最終的には、なんか大きな物を買ってもらおうとか、

そういう下心があるらしいのだ。

 

 

まぁ、最終的に購入してしまうのは、何人かでしょうが、

何人かいれば、それで十分なのだ。

最初から、それが狙いなのですから。

 

 

まずは足を止めさせて、

こちらの話(セールストーク)を聞かせることに成功させるべきなのだ。

そして数うてば、あたるかも、なのだ。

 

 

とにかく、そういったのは

まさしくエビで鯛を釣ろう、としている、という感じなのだ。

そういう商法なのである。

 

 

欲っすれば、まずは与えるべし。

少量を!それか安い物を。

 

 

 

まぁ私はティッシュもらおうが、試食させてもらおうが、

ありがとう、とか一言つぶやき、ちょっととか何言われようが、聞かないフリして

立ち去りますがねぇ。

 

 

まぁ無言で受け取って、無言で去ることもありますが。

 

 

そういった人の方が多いかも知れませんねぇ、昨今は~

 

 

されても、してあげなきゃ、とか思うような寛容な心は

すでに失われてしまったのだ。

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

<ティッシュ配り ティッシュ配布 ポケットティッシュ 街頭 勧誘 心理学 購入 説明 商売>