昔スゴウデ警備隊が旅館に乗り込んだ時に出た法律

おとまり

 

 

今から150年以上くらい前に、

とある都市部の町には

「新しい時代を作ろうぜ、イェーイ!」って感じの人達が

集まって、コソコソと活動していた。

 

 

そんな中、その町の中で、道具屋を営みながら、裏では、

その、新しい時代を作ろうとしている人達に強力していた

とある人がいた。

その人は、活動場所やら、武器やらを調達して

ソイツらの今後の活動のために用意していた。

 

 

しかし、そのことが、お上にバレてしまい

町のコワ~イ、過激な警備隊に捕まってしまい

めちゃくちゃ拷問されてしまい

それらの秘密裏にやっていたことを

すべて洗いざらい吐いてしまった。

 

 

そして、新しい時代を作ろうとしている人達が

町の中にある、とある旅館で、なにかしらのロクでもない計画を

相談して練っていることも吐いてしまったため

コワイ警備隊の人達は、

その旅館に突然、乗り込んで

そこにいた人達をバシュバシュと斬りまくってしまった。。。

 

 

それで、ちょうど、そんな出来事があった時に

町のお知らせみたいな形で

そこの町に出された法律には、、、

 

 

「 先日、とある道具屋の経営者を、

ただの道具屋にしては、いろいろとヤバそうな

武器だの火薬だのを持っているぞ!

という通報などがあったので

とりあえず逮捕して

 

(キツ~ク拷問して)

 

ちょっと取り調べてみたところ、

 

(その、新しい時代を作ろうとか抜かしているヤツラが、この町に放火して

混乱ができたスキに、ヤりたい奴をヤりまくって

その上、エライ人を連れて行こう、、、

とかいうアホみたいな・・・)

 

とんでもない計画が発覚しました。

 

 

それで、

 

(ソイツらが居座っているという旅館に

襲撃をかけて斬りまくった上で、生き残ったヤツラを)

 

何人かを逮捕することに成功したのだけれども、

 

(その旅館から、運良く逃げ出すことができた)

 

残りのヤツラと、他にもその仲間が

まだ、この町中のどこかに、ひそんでいる可能性があるので

町の人みんなで協力して

探し出して捕まえましょう! 

 

 

、、、とか書かれている。

 

 

ということで、なにかやら、その旅館での出来事のあとにも

続けて町中で、しばらくドタバタしていたらしい。

 

 

・・・で、最初に捕まった、道具屋の経営者は拷問こみの

取り調べでは、なんとか死ななかったのだけど

のちに、やっぱり処刑されてしまった。

 

 

そして、その旅館は、もちろん廃業することとなってしまった。

 

 

 

 

<明治維新 幕末 江戸時代 歴史 御触れ お触れ 法律>