おすすめ記事



<江戸>裁判所の和解案を素直に飲まなければ島流し!

話し合おう

 

 

江戸時代の話。

とある町人が、とある武士を訴えた!

 

その内容ないし理由は、

町人が武士に、今で言う100万円ほど頼まれて貸してあげたのに

約束の返還期限が過ぎても、返してくれない。

 

なので、町人は、今で言う裁判所である奉行所に

その旨、訴え出た。

 

・・・まぁ、なんというか、武士が一応、当時、身分が一番上にあったとはいえ

金を貸してくれた町人から普通に訴えられて

( まぁ町人とはいえ、その町人は材木の商人らしいですが )

それが、ちゃんと奉行所(裁判所)に受理されて審理されるものなんですねぇ

当時でも・・・やっぱ、いつの時代も金持ちは力を持っている。

 

いや、それとも、お上としても、一般の武士に対しては

金の貸し借りに対してのケジメくらいは

ちゃんとつけさせる方針だったのか?

、、、でないと、武士に、すすんで

金貸してくれる人がいなくなってしまいますし。。。

 

 

で、それで、奉行所は、金を貸した町人本人と

その金を借りて返さない武士の家の“家来”を呼び出して事情を聞くことにした。

 

武士の家は、本人では無く、家来 がきた!

どうやら、その家来は、その武士の家の経理仕事に勤めている人らしい。

 

それで、奉行所は

双方の意見やら主張、事情を、それなりに聞いた上で

( 詳しいことは分からないが、どうやら )

「 武士の方は、借りた額全額、すぐに返すって言うのはコクだろうし、それなら

今返せる額だけでも無理なく、ほどほどにまとめて

町人の方に返した方がいいだろう!

さっそく返してあげなさい! 」

、、、的な、和解案(裁判当事者双方、お互いに配慮した奉行所の考え)を

両者に提示した。。。

 

それに対して、町人の方は

「 まぁ、まったく貸したお金が返ってこないより、

すぐにでもいくらか返ってくるのであれば、それで、まぁ、いいし

なりより奉行所が、せっかく出しくれた和解案ですし、

それに従うほかないでしょう・・・ 」

 

、、、みたいな感じで受け入れたが、

反面、武士(家来)の方は、

「 いやいや、ちょっと待ってくださいよ!

なんで町人なんかに、今すぐ金を少しでも返さなきゃいけないのですか!? 」

 

、、、みたいな感じで、奉行所の提示してくれた、せっかくの和解案に

不満の色を示し、さらに反論までした、、、、、、、

コレがいけなかった!

 

 

奉行所側は、その反論までした武士の家来に対して

「 なにぃ~、生意気な!お上が出した見事な和解案に

少しでも不満があるというのか?・・・けしからん!! 」

 

、、、ということで、奉行所の出した和解案に

素直に、そしてすぐに同意しなかった、

その武士のところの家来を遠いところへと “島流し” にした。

( つまり流罪にした! )

 

・・・ん?ん? どこからツッコめばいいんだ ???

 

 

まず、なんで、金を貸した返せだの、という 民事裁判

裁判の当事者のうちの一方が

“島流し”なんていう刑事罰を受けるハメになるんだ?

コレ刑事裁判じゃなくて、民事裁判やってましたよね!?

( いつから刑事事件になったんだ? )

 

しかも、刑事罰を受ける理由が、奉行所(裁判所)の提示した

“和解案”、ないし調停案を

そのまま飲まなかった、とかであるとか、、、なんともまぁ厳しいことで。

 

現代の民事裁判であれば(・・・現代と比べるのもアレだが)

裁判所の提示した和解案を、裁判の当事者の一方が

(訴えた人、訴えられた人、のどちらか一方が)

「受け入れられない!」、、、ということであれば

当事者の意見を排除して、裁判所が審理の結果、

独自に判断して出した、ほぼ確定的な判決(結論)を出すだけなのに、、、、

 

 

お上(裁判所ないし、奉行所)が、がんばって考えた

お互いに譲り合いましょう!的な案に

訴えられた武士側が、ちょっと噛みついたら

「 けしからん! もう容赦しないぞ! 」

みたいな感じの対応されるとは・・・・

 

しかも、罰を受けたのは、訴えられた武士本人じゃなくて

その武士の家の家来だし。

(一応、経理担当の人ではありますが)

 

・・・たんに、雇い主にである武士本人の考えを、代わりに伝えただけだろうに、

すぐに牢屋にぶちこまれた後、島流しにまでされてしまった!

 

お上としても、さすがに武士本人に罰を与えるのは

あんまりだと思ったのか

( それとも、そこまではできなかったのか? )

お上のメンツを保つために

とりあえず、金借りた武士本人の身代わりとして

その家来に、代わりに罰を与えることにしたのか、、、

 

あと肝心の町人が、武士に貸した金は、ちゃんと返されたのか?

という疑問があるのだが、、、

 

そのことに関しての記録だけは残っておらず

たんに、武士の勘定方をつとめていた家来が

和解案に(少し)反対して罰せられた、、、、、

という記録しか残っていない、、、、という。

 

( もしかして、経理の人間を島流しにするから、

それで借金の件は勘弁してくれってことか?

これが江戸時代式の和解なのか? )

 

 

つまるところ、裁判所ないし、奉行所などの“お上”としては

町人と武士の間の金銭の貸し借りが、

最終的にどうなろうが、知ったこっちゃないのだ!

 

一番の問題は、お上の出した考えに

裁判に参加したヤツラが素直に従ったかどうか、、、もしも、

逆らった奴がいたら、それは大問題なのである!

 

借りた金を返そうが、どうなろうが、しょせん他人事だし

そんなことを別段、とがめたりはしないが、

お上に逆らう奴がいたら、そいつは、どうしても処罰しなきゃならん。。。

 

(江戸時代の)お上は超エラいのだ!

そしてその偉い人に逆らったら、ダメなのだ。

何人たりとも許すことはできない、、、ってこと。

 

 

 

おすすめの本

 

 

 

人の感情の動きを、よく読むべきだ、、、ということなのか?

まぁ人間っていうのは、その時々の感情ないし

直感で考えて動きますからね、実際。

相手のこれからの動きを読みたいのなら、、、そうなんでしょう。

 

私としては、自分のその時々の

感情から生じる、“直感”に素直に従って動くことこそが、大切だと思います。

 

なぜなら人間はよく考えて動くよりも

自分のなんとなくの直感に従って動いた方が、上手くいくことだって多いから。

特に判断・決断に迷ったときこそ。

 

いままでの積み重ねてきた経験とかが

“直感”に、かなり反映されているでしょうか?

思考するまでもなく、結論は出ている!

 

 

<関連する記事>

 

土地の所有権で揉めて和解できないと没収された話

 

警察にツテがあると言い詐欺したら島流し

 

 

 

<江戸時代 裁判 島流し 提案 流刑 和解 民事裁判 裁判官 流罪>