おすすめ記事



バイト先から渡されたチラシを全部捨てた話

ハイフ

 

 

とあるバイトの話。

その人は、なにかしらの食品の販売店で働いていた。

 

 

それで、ある日、出勤したら

突然、その店の店長から、たくさん広告というか

予約注文紙みたいなモノを渡され

 

「 これ、うちの最新商品なんだよね

ちょっと今から、店の近所中に配ってきてよ?

もしかしたら、たくさん予約してくれるかもね~ 」

 

とか言われて頼まれた。

 

 

どんだけへりくだっても、ちっとも時給上げてくれないし

シフト時間は、お気に入りの

若い女子大生に、融通を利かせて

なんにも配慮してくれないのに、

こういうことだけはズケズケと言ってくるんだな?

本当に気のきかないゴミクズだ。

 

 

「 別に店のまわりだけじゃなくてもいいからね?

お前にも、ご近所さんはいるだろう?

それに、お前の家のまわりに、アパートはたくさんあるだろう?

これ200枚は、あるから、全部、今から時間あるから配ってきてよ~ 」

 

とか言われた。

 

 

とりあえず、その場では、

「ハイ分かりました!」とか言って

そのチラシみたいな物を大量に受け取ってきた。

 

 

それで、とりあえず店を出て、どこぞのコンビニの駐車場に

車を、とめて、しばらくタバコ吸いながら考えていた。

 

 

こんなゴミみたいな仕事に、そこまで忠誠つくす必要があるのか?

しょせんバイトだし。

もうちょっとマシな仕事でも、探すか?

 

 

そこの車をとめたコンビニで、もらってきた週間求人票を見ながら

考えていた。

 

 

まぁしかし、正社員探す間の、つなぎのバイトだし

もうちょっとだけ我慢してやるか~、とか思った。

 

 

そして、バイト先である

販売店である、そこから大量に、もらってきた(強制的に渡された)

その新商品の予約の申込み付き欄付きの、チラシを

全部、そこの駐車しているコンビニの外に出してある

ゴミ箱に、まとめてガバガバッと捨ててきた。

なんだか、すごくスッキリした、、、、こんなことでね~

 

 

そのあと、まだ、しばらく、そこの駐車しているコンビニの駐車場でタバコを

6本ほど吸いながら、長時間居続けては

そこのコンビニの店員か店長になんか、言われるかも、と思って、

車を移動して、近くの道の駅に車を止めて

そこの駐車場で仮眠とっていた。

 

 

そのあと、目覚めて、車内でゴロゴロしながら

2時間ほどしてから

バイト先の販売店に戻り、店長の

 

「 なんとか、チラシを配り終えました!

でもポストではなく、ちゃんと受け取ってもらえるように

インターホンを押して、各家にひとつひとつ配って参りました!! 」

 

 

とか適当に嘘ついて、自分がんばってきました、アピールをした。

そしたら、

 

 

「ああ、なんとか配り終えたのか、よくがんばったな、

もう帰っていいよ」

、、、とか言われた。

 

 

時給はそのまんまだし、その日は、7時間勤務なのに

5時間で帰らされた、

もうちょっと、道の駅で、寝ていれば良かったかなぁ?

そうすれば7時間分の時給もらえたのに~

 

 

 

そこの、食品販売店は、そのあと2ヶ月くらいしてから

辞めた。

なんとか2ヶ月間は、ねばった。

 

 

・・・というか、ねばってしまったことを後悔。

なかなか、次のところで

良さげそうなところが見つからなかったので

しゃーなし。

 

 

そのあと、なんとか見つけた仕事は、

なにかしらの

寂れたビジネスホテルの準社員(フルタイムパート)

ということで

しばらくの間、夜間受付として

のんびりと働いていた、とか、なんとか。

 

 

 

 

 

 

<時給 チラシ ポスト ポスティング バイト 訪問 アルバイト 配布 ビラ配り 仕事 広告 宣伝>