追い越す時には相手の許可が必要な法律の話

追い越し

 

 

英語が分からないのに

洋書をかなりテキトーに読んで、うろ覚えで書いたので

そこんとこを、あしからず。

 

 

今から100年以上前の、海外の、どこぞの法律の話をする。

 

 

そこでは、なんか、安全に乗れて、

誰でも安く乗れる自転車が普及し始めて

(今、私達が乗っている自転車に近いモノ)

みんな自転車に乗って、好き勝手に道路を走り始めた。

レッツ、サイクリング。

 

 

で、当時の道路には、車では無く、まだ馬車が走っていたらしく

この馬車を「俺の方が速いだろ~、すごいだろ~」とか言いながら

自転車で追い越していくヤツが多々いたらしい。

 

 

それで、馬車を引いている馬が、

びっくりして動揺したりすることがあったらしい。

 

 

で、ソレを見かねた、お上が、なんかしらんが

そういう馬車をあおる行為を規制する法律を作ったらしい。

 

 

いわく、自転車に乗っていて、馬車に近づくようなことがあれば

自転車を運転している人は、自転車から降りろ。

 

 

また、自転車が馬車を追い越したいときには、馬車の運転手に

丁寧な態度で

「あの~馬車を追い越したいんですけど、いいですかね~」

と尋ねて、許可を取ってからでないと

追い越したらダメとか、そういう内容の法律らしい。

 

 

アレだな、今現代で言うところの、

あおり運転を防止するような法律といったところか。

 

 

今現代では、車同士であるが、

昔は馬と自転車での間の揉め事だったのか。

 

 

まぁ、車同士の場合、

車を横に近づけて

追い越してもいいですか~?とかまでは

さすがに聞かなくてもいいですが(笑)

後ろに接近せずに

普通に、隙を見てゆるやかにスンナリと追い越していって欲しい。

 

 

今も昔も、運転手のマナーって大事。

 

 

 

あと誰でも乗れる安全な自転車出る前にあった自転車って

前輪でかすぎだろ。

 

仕組み上、前輪デカイ方が、一漕ぎで前に進む距離が大きいっていう理屈は

分からんでもないが、普通に考えて、漕ぎにくいだろ。

 

誰かが、当時がんばって、

そのアンバランスな自転車を漕ごうとしていたが、

残念なことになっていたという記録も、それなりに残っていますし。

 

 

 

 

 

<関連する記事>

 

自分の土地に馬車が通る度に通行料として物品徴収した話

 

車の運転中に馬車に会っても馬を動揺させるな法律

 

 

 

 

<サイクリング 自転車 法律 道路交通法 馬 馬車 追い越し 追い抜き 追い越す 追い抜く バイク>