おすすめ記事(スクロールできます)



裁判中に自己発電して訴えられた裁判官の話

ホーテイ

 

 

海外の話。

 

 

とある裁判官が、裁判の審理中に

真面目な顔をして事件を審理しながら、

反面、机の下では

電動オナホールを用いて

たびたび自己発電をしていたことにより

とうとう自分自身が

お上側から訴えられてしまった。

 

 

どうやら、いつも同じ法廷にいあわせて

いつも顔をあわせる裁判所の職員やら

検察官やらは、以前からこのことを知っていたようだ。

知っていながら見て見ぬフリをしてくれていた・・・

 

 

しかし、あまりにも堂々と平然と

何度もおこなっていたので

とうとう隠しきれなくなり、事件化してしまったのだ。

 

 

訴えられた裁判官いわく、

これだけ堂々とやっていたのに、誰もまわりの人は指摘しなかったので

黙認されているものだと思っていた。

 

 

たしかに、事件の審理中、

暇で退屈した時のために

法廷にオナホを持ってきて、よく使ってはいたが

ボッーとしていて、その時の記憶は曖昧だ、、、

たぶん手が勝手に

電動オナホのスイッチを押してしまったんじゃないのかなぁ?

なので、たぶん意図的にやったとは言い切れない、、、

など、と述べている。

 

 

その裁判官が、裁判の審理中に

自己発電をしていたという証拠として

誰かが録音していた

録音証拠が提出されたので、

それを、ちょっと再生してみると

キュィーン、ジュッポジュッポ、

、、、、ウッ・・・!アッ・・・!

などという電動音とともに

裁判官の声を押さえつけながらも、ときたま

あえいでいる声が、ひたすらに録音されていた。

、、、、、、、隠す気がマジでない。

 

 

しかも、それらの音が録音された裁判時は、ちょうど

大人から幼い子供に対して

おこなわれた犯罪の事件の審理中であった。

事件の内容をきいて、とても興奮してたのか?

背徳感が、さらに、そそるのかな?

 

 

結局、その裁判官は

司法をつかさどる裁判官にしては、あまりにも、あるまじき行為!

ということで

懲役刑を何年間かくらってしまった。

 

 

 

SH

 

 

 

電気の図鑑 (まなびのずかん)

 

マンガでわかる電気

 

 

未来型電動キックボード公道走行OK!革新的な折りたたみEVスクーター【COSWHEEL EV SCOOTER】

 

 

<裁判 裁判官 告訴 訴訟 法廷 自慰 オナホ 不謹慎 せんずり 刑罰>