大昔は、果物が、お菓子と呼ばれていた話

 

 

果物は、お菓子から水菓子へ、そして今では普通に果物!

 

 

うろ覚えで書きます。

 

 

今では様々なお菓子があるけれども、そのまた昔は

菓子といったら、果物のことを示していて、

それを食べていたらしい。

 

 

まぁ果物って甘いですからねぇ、糖分とか入っていますし。

 

 

それに自然になっていますからねぇ、それくらいしか、

甘い物といったら手に入らなかった時代ですからねぇ。

 

 

 

それに菓子って漢字の、「菓」の草冠をとったら、

果物の「果」じゃないですか、、、

つまりはそういうことですよ。

 

 

 

で、時代の経過とともに、

いろんなマンジュウやらモチやらの

様々な人の手で作られたお菓子が出てきてから、

かつてのお菓子であった果物は、

それらとはちょっと別の物ということで、

水菓子、、、水分含んでいて水っぽいから?、、、

とにかくそう呼ばれるようになったとか。

 

 

 

けれども今現在では、水菓子というと、

果物のことではなく、

夏とかに売られる水っぽいゼリーやらヨウカンのことを示して、

果物は果物って、普通に呼ばれていますが。

 

 

とうとう菓子とすら呼ばれなくなってしまった。

 

 

 

( 昔はともかく現代であれば、

やっぱり果物は、果物の方が分かりやすいですよね・・・

 

 

っていうか、自然に手に入る果物に代わり、

加工された甘い物が、いろいろと作られるようになってから、

それが甘い物欲しい時の食べ物として、

今までの菓子(果物)の役割をになうようになってきて

人々にも普及するようになってきたので、

 

< 今でも、現在進行形で

新たな甘い物が、あーだこーだと、

人の手によって追求されて作られ続けていますので >

 

まぁ菓子の名前が移動するのも、

自然な流れなのかもしれませんね。

 


 

 

そして人の手で作り出され加工された食べ物も、

いろいろ工夫がなされているので、

とても美味しいのですが、

そのままの自然の甘さ、旨さっていうのがありまして、

それはやはり、そのままの果物からしか味わえませんので、

現代の菓子も、果物も、どちらも甘さ補充要員としての

役割は昔からなにも変わっていないでしょう )

 

 

 

・・・あと余談なのですが、

明日がクリスマスなのですが、

ちょっと早めに、

今日クリスマスケーキ買ってきて食べたのですが、、、

 

 

( なんとか今年は、家でゆっくりクリスマスケーキを

まともに食べることができて、とてもうれしいです。

昔はそんな心の余裕なんてなかった、、、まぁしかし、

来年の今頃も、こうしてケーキ食べれるかは分かりませんが )

 

 

なんていうか、

ケーキの外見からは分からなかったのですが、

食べてみると、実はフルーツケーキだったのですが、、、

 

 

中に入っている様々な果物と、

スポンジとクリームがいい感じに混ざり合っていまして、

ほんと素晴らしいですね。

 

 

自然の素材をふんだんに用いて、人の手によって、さらに

昇華させた菓子になっている感じがしますねぇ。

 

 

 

 

<歴史 果物 呼び名 変遷>