おすすめ記事(スクロールできます)



最初のカレーには肉はカエルを使用していたらしい

かれい

 

 

国内にカレーなる料理が入ってきたのは

明治時代になって文明開化?したあとに海外から

入ってきたのでそうであるが。

西洋から、いろいろ伝わってきたもんね。

鎖国も解除されたし。

 

 

まぁつまり、その時伝わってきたカレーの作り方が

最初のカレーだっていうことですね、国内でのカレーは。

 

 

で、なんとその当時のカレーには

今のような牛肉ではなく、肉はカエルの肉を使うようにとか言われていたらしい。

実際に使われたのかねぇ。

なんかしらんが牛肉食べる概念は入ってきたばかりだから

なんか違う肉使用した方がいいんじゃないかとか言われたのかしら。

 

 

なんか知らんが、当時の国内の人達には魚系のモノを入れた方が

舌にあうだろうとのことで、カエルを入れることにしたんだとか。

まぁたしかに江戸時代以前は庶民は、とりあえず魚食べていたよなぁ。

 

 

でも、なんかしらんがやっぱりカエルの身ないし肉を使ったレシピは

あんまり普及しなかったとか聞いたんだが。

まぁカエル蛙といっても、たしか食用のアカガエルだったかを入れるとか

なんとか書いてあったような気がするんだが、

思っているよりも美味いのではなかろうか。

牛肉とかよりも意外とあっさりしてていけるのかもね。

 

 

まぁそれにしてもカエルか。

昔はよく食用されるものがあったとか聞いたんだが、、、いまではどうなん?

 

 

まぁとりあえず、当時の味を忠実に再現しようとしたら

それらのカエルを使わなければいけないわけか。

 

 

まぁそれにしても昔は飢饉やら食糧難になれば

カエルでもタンパク質ですから、

そこらにいるものなら、もしゃもしゃ食べたんだとか聞いたことあるが。

まぁ魚とかいる川がなければ、そこらの虫だろうが

カエルだろうがなんでもたべるだろうなぁ。

 

 

SH


むらをすくったかえる

 

 

 

<関連する記事>

 

行きつけのカレー屋が、閉店した理由とは?

 

昔、庶民に蛙の繁殖を止める義務が課された話

 

 

 

<カレーライス カレー 歴史 明治時代 起源 由来 材料>