おすすめ記事



人からやられたことは一生許さなくても良い

 

 

かなり昔にやられたことでも

たとえかなりの時間が経過したとしても

人からやられたことというのは覚えているモノだ。

 

 

で、相応の時間が経過したとしたら

さすがにもう過去のことで覚えていたとしても

なにも得がないので忘れたら?とか言われたとしても、、、、

 

 

忘れるわけがないし。

 

 

 

やはり一度誰かからやられたことは、いつまででもしっかり覚えていて

いつかまたなにかの機会に、

その自身に、いろいろ嫌なことを

やってきたヤツに出会う機会とかがあったら

その時にやり返してやるために

どんなやり方で、、、と練っておくべきだ。

 

 

とにかく昔のことだからと優しくする必要は無いし、

まともに対応してやる義理はまったくないだろう。

 

 

・・・出来るだけ自身はその身をさらさずに、

相手だけやりこめるやり方をしっかり考えておくべきだ。

用意しておくべきだ。

そのいつかのために。

 

 

大人のやり方でしっかり冷静に仕返ししてやれ。

・・・できれば誰に仕返しされたのかも分からない方法でな。

 

 

(・・・大人のやり方として、一番おすすめなのは、

そいつを困った状況に

間接的に追い込んで、まったく助けない、という方法だが。)

 

 

やった方というのは、大抵時が経てばいつ誰に何をやったか、とか

一々覚えていないモノだ、罪悪感なんてないからね、

印象になんか残らない。

 

 

けれども、もちろんやられた方はしっかり覚えている、

嫌な思い出というのは、しっかり記憶に残る物だ。

忘れようと思っても忘れれるワケがない。

 

 

だったらもう受け入れることだ、嫌な記憶として。

無理に消そうとしても無駄だ。

 

 

だから次に嫌なことしてきたヤツにもしもあったときのため、

また意外と身近にいるのであったら、

しっかり考えて方法を練っておくべきだ。

直接的でなくても、どんな形でもいいので、一指報いたい。

 

 

相手の立場にたって、自身がやられたら嫌なことを不意をうって

おこなってやればよかろう、

ちなみに相手が自身になにをやったのか、とか覚えている必要はない。

仕返しというのは完全に自己満足なのであるから、

自身が多少なりともスッキリすればそれで良い。

 

 

あと仕返しの方法については、ちゃんと勉強した方が良い。

今の世の中かならず先人がいるものですから、

自身が考えもしなかった

法に触れるか分からないグレーゾーンで

いい感じに攻めれる方法がたくさんありますので

その方の方法を参考にするなりして、自身ならどうするか、と

イメージしてみると良い。

 

 

そのようにイメージするだけでも、ちょっとスッキリする。

 

 

 

とにかくなんで嫌なことされて

自身だけその相手に寛容でなければならんのだ?

 

 

そこまでできた人間じゃないだろ?

 

 

だったら、しっかりと嫌なことされたら、

嫌なことで返してあげるべきだろ。

 

 

相手の現状とか立場なんて考えてやる義理なんて無い。

 

 

長年嫌な思い出で苦しんできたことは、

利息つけて返してあげないと割に合わないだろう。

 

 

この世になんか神みたいなのがいてキチンと

天罰くだしてくれるワケでもなければ、

またそいつのこと恨んでいる人間が代わりにやってくれるかも分からなければ

そいつがのうのうと生活していれば、、、

なんらかの形で巡り合わせがくれば、、、、

 

 

 

まぁしかし、あくまでも、“いつか”という話であって、

今すぐにではない、よ~く考えてみることだ。

 

 

別に一度だけのチャンス逃すなとか言っているワケではない。

 

 

仕返しの機会がそれなりに用意されていれば、、、

おこなった方が良いということを言っているわけだ。

 

 

無駄に神経を削る必要は無い。

 

 

 

・・・ああ、あと自身が他人におこなった嫌なことは忘れても良いですよ?

もうすでに過去のことですから(笑)

自身のおこないは、しっかり自身の中で許してやれ。

自身には甘くても良い、だって自身のこと甘やかしてくれるのは

自身だけだからな。

 

 

 

 

<思い出 過去>