おすすめ記事



なぜスキージャンプで飛び落ちて着地して大丈夫か?

ひゅん

 

 

なんでスキージャンプとかで

飛んだ人が無事に着地できるのか?

ということについて、ちょっと簡単に話す。

うろ覚えの知識であるが・・・

 

 

たしか、人が真上から、真下に

勢いよく飛んで落ちたら、

真下に落ちる力が

飛んで着地した人に、そのまま、はねかえってくるので、

ベシャッとなったり、ボキリといくけれども、、、

どうやらスキージャンプの場合は違うらしい。

 

 

スキージャンプ台の着地するところは、斜面にしてあって

そこへ上から、勢いよく滑って飛んで、落下していき

着地するところの面に沿うように

着地することができると

真下に落ちる力の大部分を、前にすすむ力に分散できて

真下に落ちて返ってくる衝撃が

かなり軽減できるらしい。

 

 

着地するところが、斜めになっていること

さらに、そこへ、

斜め上から飛んできて、沿うように着地するとこが

キーポイントらしい。

 


 

 

まぁ、それでも、一応、理屈の上の話でもありますので、それは、、、

やはり、着地に失敗したら大変なことになるかも、

ということもあるので、

ジャンプ、そして着地をうまくするには、

それなりの練習が必要なのは確かでしょう。

 

 

それに、滑走するジャンプ台だって、うまく斜めに飛べるように、、、

そして、下の着地点も、うまく斜めに着地できるように

角度やらなんやらも、しっかり設計しているらしい。

 

 

SH

 

 

昔、学校の課外授業かなんかで

イヤイヤどこぞの遠くのスキー場に連れて行かれたことがあった。

まぁ学年全員で行ったのであるが、仮病使って休もうと思ったほどである。

 

それが初めてのスキーだったのであるが、

初心者コースに希望してなんとか入ることができたので

ずっと1日中スキー場の横の方でカニ歩きの練習、、、かと思いきや

いきなりガンガン動いているリフトに1人ずつ乗れとか言われて

乗らされてかなり斜面の上の方に連れて行かれたあげく、

滑って降りてこいとか言われて、すごく真っ青だった記憶がある。

 

 

<関連する記事>

 

ペンギンは昔、もしかしたら空を飛べたかも、という話

 

そんな高所から飛び降りたら・・と忠告したら脅迫か?

 

 

 

<スキー ジャンプ スキージャンプ 怪我 無事 冬 スポーツ オリンピック 着地 原理 仕組み 科学 物理 滑走 骨折>