<戦国>クビでなく鼻だけ持ってきて褒美貰えなかった話

 

 

戦国時代だったかの下級兵士(足軽)の話。

 

 

とある足軽が、

戦場で敵のクビ(クビから上、、、つまり頭)をとって

それを持ち歩こうとしたのであるが、

 

(討ち取ったクビを持っていって、それで褒美だか、給料がもらえる。

つまり自分が戦場でちゃんと働いた証拠が、そのクビである)

 

それを見ていた仲間が、さすがにそのクビを戦場で

持ち歩きながら、さらに戦ったりするのは大変そうだ。

重いだろ?

 

 

今は、まわりに味方達しかおらず、ちゃんとみんな見ているのだから

敵の遺体からクビから上を丸々とって

わざわざ持ち歩こうとせずに、鼻だけそぎ落として

それを持ち歩けばいいではないか!

、、、とか助言された。

 

 

 

本来、クビから上を丸々とって、倒した敵の顔がわかるようにして

持ち歩かないといけないのであった。

 

 

なぜなら鼻だけとかの(あとは耳とか)頭の一部だけ

持ち歩いていたのでは、もしかしたら

味方をだまし討ちしたり、

はたまた味方が敵と戦って討たれた遺体の頭から

きりとった物なのかもしれないという疑いをかけられたからだ。

 

 

だから誰の顔か、せめて味方陣営にいた顔ではないことを

ちゃんとクビを検分する時に分かるように

しっかり頭から上の顔が分かるようにした方が良かったとか。

 

 

 

でも、今は味方がまわりにて、あなたが自分が討ち取った

敵の遺体から、クビから上ではないが、

しっかりと鼻を削いでいるのを見ていますから、

そんな味方を討って鼻をとったとかの疑いをかけられる恐れが

ないので、安心して鼻だけとってもいいですよ、とか言われた。

 

 

で、それを聞かされたとある足軽は、、、まぁならば良いか~、と

安心して鼻だけそいで、それを持っていくことにした。

 

 

 

・・・で、その鼻を持ち帰って検分役の人に

敵を討ち取ってきました、鼻だけですけれども、

ちょっとクビから上を持ち帰るのは重かったものですから、、、

とか言って、鼻だけを見せたのであるが、、、

 

 

まぁ味方の鼻をそいだ、という疑いこそかけられなかったものの、

鼻だけでは、その鼻の持ち主が男か女か判別できないではないか・・・

 

 

せめて、本当に男(敵の兵士)を討ち取ってきたのであれば、

唇から鼻にかけての部分を削いでくるべきであったのでは?

そうすれば、男にあるはずのヒゲが確認できるから、、、とか言われて

恩賞というか、論功行賞というか、

とにかく褒美はまったくもらえなかったらしい。

 

 

 

なんというか上の方が、鼻だけ削いできた怪しいヤツに

金を与える気がなかったのか、

または実際に、近隣の村とかに行って、力の弱い女だかを襲って

鼻だけ削いで敵兵倒しましたよ~、と

虚偽申告してくるヤツがいたのか、どうか。

 

 

 

とにかく最後の詰め(証拠をちゃんと誰にでも分かるように持ってくる)

が甘ければ、

どんなに戦場でがんばっても、難癖つけられて

一銭たりとも貰えないなんてこともあったということですねぇ。

 

 

とにかく人の言うことを疑いなく、そのまま信じるな。

 

 

鼻だけでも十分だ、とか言った人は、

助言をしたという感じではなく、もしかしたら知っていた上での

嫌がらせをしてきたのかもね。

 

 

 

 

 

<戦国時代 足軽 歴史 戦場 給料>