おすすめ記事



バックレた時に、はじめて勤務先がどんな会社なのか分かる

 

 

 

職場だか仕事だか上司だかに耐えられなくなり

職場から何も言わずに逃げ出してしまって

退職届を郵送したあとに

電話かかってきて一度会社に来なさい、挨拶しなさいとか言われても

もうそのまま出社せずに行かなくなることは

今のご時世、誰にでもあろうことかと思います。(笑)

 

 

そんな時に、しばらくしてその勤めていた会社が

どのような対応をそのバックレ社員にとるかで

その会社がどのような会社だったのかが

ある程度分かります。

 

 

最後の去り際に、いろいろ働いていなかった時には

知ることのできなかった部分が見えて分かるんだよなぁ。

 

 

まぁ大概はブラックな会社であることは間違いないのですが

ブラックの中でも、どの程度ブラックだったのかが

よく分かると思う。

 

 

バックレ後の会社の対応で

勤めている時には分からなかった、

社長なり経営者なりの性格が垣間見える。

大抵、性悪だけど、どこまで性悪なのかが分かる。

 

 

ちゃんと、退職届を受理して、こちらがノーリアクションでも

解雇とかではなく、自己都合退職ということにしておいてくれて

給料もその月働いた分を、こちらから請求せずとも振り込んでくれたのであれば

それは比較的ブラックの中でも、まともな会社だったのではないのだろうか?

 

 

本当にブラックオブブラックであったのであれば

絶対に従業員側からアクションかけないかぎり

口座に給料なんて、法に違反していようが振り込んではくれない。

 

 

どうしても欲しけりゃ会社までとりにくれば?

まぁ請求されても、あげないけれども。

 

 

それどころか会社に迷惑をかけた損害賠償金ということで

接収してしまおうか、うん、それが妥当だ、

お前に払う給料なんて一銭たりともねぇ、って感じだ。

 

 

それに自己都合では無くて、懲戒解雇だ、懲戒だ。

仕事放り出して逃げたんだからな!

退職届を事前に郵送していようが、そんなもん関係ない。

まともに転職なんてできなくしてやるぞ!

 

 

、、、、ということを考える意地の悪い経営者も一部いるのだ。

 

 

まぁ所詮そういう会社だったということだ。

バックレて正解だった。

 

 

 

なので、もしも自分が会社をバックレ同然に逃げ出して

退職届を郵送して出してきたのであって

後日、出社せずに携帯にも出ずに

沈黙を貫き通してても

退職関係の書類やらをわざわざ自宅に送ってきてくれて

給料も振り込まれていたのであれば、、

 

 

そのあと、会社側から制服と健康保険証だけ返してくれと言われたら

素直にその会社なり職場には返してあげましょう。

 

 

別に健康保険証を、従業員が会社に退職後提出せずとも

紛失だか喪失で手続きができるはずなんですけれども

手間をかけさせるのもアレなので、

それに給料だけは、何も言わずに

バックレた月の分も振り込んでくれたのであれば

最後の一応の

しばらくの間赤の他人を会社に

おいてくれたお礼として、それくらいはしてあげてもいいんじゃないでしょうか?

気が向けば。

 

 

 

 

つまり、バックレても自己都合ということ給料も振り込んでくれた会社は、

まぁブラックな職場ではあったものの

去る者に対しては、しっかりと退職手続きをとってくれる会社だったんだなぁ。

 

 

まぁちょっと辞めるのは、もったいなかったかもなぁ、

、、、、、でも、やっぱ辞めて正解だったよなぁ、と思うし、、、、

 

 

 

反対にバックレて、解雇だ、解雇!

給料なんて払い込んでやるか、退職手続きなんか知ったことではない、

お前のせいで、みんな迷惑したんだぞ!

とか、ぬかしてくる会社であれば、、

 

 

やっぱり思ったとおりロクな会社では無いな、

やっぱりバックレて去ったのは正解だったが、そもそも

こんなところに入社した自分が間違っていた、、、、とか思うのでは?

 

 

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

 

 

<本性 バックレ 退職 手続き 入社 真価 価値 正体 去り際 知る 理解 解雇 従業員>