おすすめ記事(スクロールできます)



刑事事件の“初犯”とは、どういう意味?

初めて

 

 

<質問の概要>

 

刑事事件ではよく “初犯” という言葉を耳にしますが

 明確にはどのような意味なのでしょうか?

 

なにが“初めて”だと言っているのでしょうか?

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

<弁護士回答の概要>

 

正式な用語の定義があるわけではないでしょう。

 

通常、世間で使われている用語としては

 初めて警察などに捕まったことを指しているのだと

思いますが、

 

一般的に刑事裁判上においては、

 前科がない人のことを指しています。

 

以上、参考までに。

 

 

<私の考え>

 

・・・ 前科 とは、

犯罪を犯して警察などに捕まり、

さらにその後

検察によって起訴されて(つまり裁判にかけられて)

その裁判で有罪判決を言い渡された(有罪になった)

 経歴のことを言います。

 

( 「この前科者め!」とかいうセリフを、ドラマとかで聞いたことがないですか? )

 

 

つまり、刑事裁判上において

「今回が初犯のやつだ」というと

起訴されたのが(刑事裁判にかけられたのが)

 初めての人のことを指しています。

 

補足しときますが、

前にも1回起訴されて裁判にかけられたが

その時は有罪にはならなかった、

ということで

今回で裁判にかけられるのは2度目だが前科はない、

という人は

ほぼ99%いないと思います。

 

 

 

なぜなら日本では裁判にかけられる時点で

 有罪はすでに確定しているようなものですから、

必ず 1度目の裁判で有罪になっているはずです。

 

 

だから初犯は、

“初めて”起訴されて(刑事)裁判にかけられた人のことを指すのです。

(意味わかりますか?)

 

 

しかし、初犯という言葉でも

世間で使われている意味(警察に初めて捕まったという意味)と、

先程述べた

刑事裁判上で使われている意味(今までに前科がないという意味)

2通りに分かれると言われていますが、

やはり 後者 の方が本来の正しい意味みたいです。

 

 

まぁでも、前者の方が

一番よくテレビとかで使われているなぁとは感じますし

本来の初犯の意味とは違うけれども

通常、初犯といったら

 前者を思い浮かべてもいいでしょう、問題ないです。

普通に多用されていますし。

 

(補足ですが、前者の場合、

万引きを今まで何回もやっていたとしても

ある日、初めて店員に見つかって

そのまま警察に引き渡されたとしても

初めて犯罪者として警察に捕まったのであれば

それが“初犯”となる、という感じですかね・・・こういう感覚でいいです)

 

 

*** おすすめの本 ***

 

 

SH

 

 

 

いいテーマだと思う。

テレビでのドキュメンタリーが元になった本みたいです。

万引きでも高齢者が犯人の割合が結構多いみたいです。

(捕まった人の3割とか?らしい)

 

普通高齢になったら聡明(そうめい)になるかと思いきや

中には人としてのなにかしらのタガが、

はずれやすくなる人もいるのか?

 

人生も後半にさしかかったのなら、

せめて最後までできるかぎり、いろいろこらえて

 清く生き抜いてほしいものです。

 

歳をとってから初めて警察のお世話になったり

留置場へいくのだけは

ちょっとたえられないものがあるでしょう。

 

「この歳になってなにやってんだろう・・・」、と

絶対後悔してしまうでしょう。

 

 

<関連する記事>

 

被疑者に一度くだされた処分が、あとから変わることはあるか?

 

ペーパードライバーが初心者マーク付けていいか?

 

 

 



 

<初犯 前科 有罪 判決 起訴 前歴>