おすすめ記事



車から花火を打ち上げて引火したので訴えた話

 

 

海外の話。

うろ覚えで書くので、そこらへんご理解を。

 

 

 

とある若者達が、大きなレンタカーを借りた。

 

 

なぜ、そいつらは大きなレンタカーを借りたのか?

 

 

 

実は、そこの地域では、住んでいる人々が市販とかの

花火を打ち上げまくる過激な祝いの日みたいなのが

あるらしいのであるが・・・

 

 

それで、その若者達は、その祝いの日に

そのレンタカーに積み込めるだけの

たくさんの花火を載せて

町中で、そのレンタカーの車内から、花火をみだりに派手に

打ち上げまくるために、、、、その大きな車をレンタルしてきたのだ。

 

 

それで予想通り、その祝日に、そのレンタカーに

若者達の仲間が乗り込んで、町中を徘徊して走り回って

車内から好き放題に花火を打ち上げまくった。

 

 

そうすると、どうなったのか?

案の上。

 

 

その際に散った花火の、火花なり火の粉で、

車内にあった、まだ打ち上げていない大量に積み込んだ

花火に引火してしまい、

盛大にそれらに含まれている火薬が爆発した。

 

 

車ごと爆発した。

 

 

そして乗車していた若者達は、火傷して重傷を負ってしまった。

旅だった人もいたんだとか。

そうか、そうなのか。

 

 

 

それで、その後いろいろあって、

その若者達の親達は訴えることにした、誰を?

 

 

もちろん、その若者達がレンタルして乗っていた

大きなレンタカーを貸した会社をだ。

 

 

( なぜに?逆に訴えられるんじゃねーの(笑) )

 

 

 

、、、、で、なぜ訴えたのかというと、

そこの地域の法律では

車に乗っていて発生した、いろいろな被害とか損害は

その車の持ち主に責任があるということが

定められていたらしいからだとか。

 

 

うん、まぁ一応の理屈は分かるが、、、

 

 

 

で、借りたレンタカーの“持ち主”は、もちろん

無謀な考え無しの若者達に

レンタカーを貸してしまった会社であると言えるはずだ、、、

だから訴えたのだと、親の言い分。

 

 

まぁこんな好きに言われたら、もちろん、

今回の事故の件については

レンタカーを貸した会社側も言いたいことはあるわけでして、

大人しく黙ってはいない。

 

 

 

その法律は、“普通に”車を運転していたとして

事故ってしまった時にだけ適用される法律であり、

このような想定外である、車内から花火を打ち上げることまで

想定されて、

適用されるような法律ではないでしょうよ、と、、、、、

 

 

そのような、あまりにも、まっとうな主張に

審理していた裁判官も、うんうん、そうだそうだ、と

クビを縦にふって納得したように、うなずいた。

おっしゃる通りですと、いわんばかりに。

 

 

 

なので、今回発生してしまった悲しい事故による損害は、すべて、

レンタカーに乗りながら、むやみに花火を打ち上げまくった

若人達の自己責任であるとした。

 

 

それで、レンタカーを貸した会社への、親族からの損害賠償請求は

一切認められずに、事無きを得た。

 

 

せやなぁ~

 

 

 

SH

 

 

<関連する記事>

 

火事を発見して消防署に通報しないと犯罪か?

 

耐火金庫の仕組みについて、テキトー簡単に説明する

 

 

 

<裁判 花火 自動車>