おすすめ記事



大昔の見知らぬ山林を通る時の遭難回避方法とは?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①遭難せずに、通れる道を探して、迷わないコツとは?

②大昔は、どんな物でもマカロニと呼ばれていたらしい

 

 

 

①遭難せずに、通れる道を探して、迷わないコツとは?

 

 

大昔、見知らぬ山林とかに、

仕方なく入らなければいけないこともある人がいたのだが、

やはり知らぬ地形ですし、入り組んでいるので、

迷わないように、いろいろ考えて工夫などしていたらしい。

 

 

例えば、そこの地域の地元住民だかから馬を借りたりして、

その馬に先に歩かせてみる、

そうすると馬はそこの森道だか山道を日頃から歩き慣れているので、

すすんでいってくれるのだとか。

 

 

特に天気が良くない時や、夜に近づいた時とかでも、

なんか知らんが道が自然に分かるらしいので、あまり迷いもせずに、

行ってくれる。

 

オンラインカジノ「インターカジノ」 スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 約3000円分の無料登録ボーナスがもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(スロットとか)で賭け金として、 お試しでプレイできますので、 ...

 

あとは、そういう馬とか、土地の人とかに案内してもらえない時は、

道しるべをつけながら、すすんだという。

 

 

まぁどういう印をどういう感じで歩いた場所に付けて行ったのかは、

それぞれであろうが、

あれですよ、下に生えている草を編んだりして、残しておくヤツですよ。

 

 

簡単につけれるし、冬とかになれば、

ちゃんと自然に枯れてなくなって分からなくなるので。

 

 

 

あとは、たまたま、山林の中で出会った動物達のリアクションとかみて、

正しい道かどうかと見分けることができるらしい。

 

 

なんか驚いていれば、ここは来るべき道ではなかった、とか思うらしい。

 

 

人間をあまり見たことがない動物だということは、

そこは人が通らない場所であるのだ、普段から。

 

 

オンラインカジノ「ベラジョン」 スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 約3000円分の無料登録ボーナスがもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(主にスロットなど)で賭け金として、 お試しでプレイできますので...

 

 

②大昔は、どんな物でもマカロニと呼ばれていたらしい

 

 

なんか、どんな形状していても、

今現代のマカロニの特徴である、どうやって空けているのか、

よく分からない穴がなくても、とりあえずマカロニだったらしい。

 

 

すべてのルーツはマカロニなのか。

 

 

 

スパゲティ、、、スパゲッティと呼ぶのですか、アレもなんかマカロニと呼ばれていたとか。

 

 

ということはパスタ自体も、、、マカロニと呼ばれていたとかなんとか。

 

 

 

で、いろいろな形状のマカロニが独り立ちしていって、

いろいろ個々の名前をつけていく中で、残ったのが、

今現在の穴が空いていて、なんか短くて、

惣菜とかで売られているマカロニであったとかなんとか。

 

 

けれども、未だに、パスタをマカロニらしき名で呼ぶこともあるらしいですね。

 

 

一応、名残は、まぁ残っているらしいことで。

 

 

 

 

<歴史 食材>