おすすめ記事



魚の釣り餌を探したら罰金という法律の話

エサ

 

 

海外の話。

 

 

洋書を英語の分からない私が読んで、テキトーに書いているので

そこらへんは、あしからず。

 

 

 

海外のどこぞの地域では、約800年ほど前から、ずっとさりげなくある法律で

沿岸部とかの水域近くで

魚の釣りエサとなるような虫を

掘って探すことを禁止している法律があるんだとか。

 

 

どうして、そんな法律ができたのか、アブナイからか?

理由は分からん。

 

 

それで、現代になってから、ある日、

どこぞの沿岸部で(というか川の近く?)

魚の釣りエサとなる虫を、掘ったりして探していた人が

捕まった。

 

 

ほとんど、最近では適用されていなかった、大昔の法律が適用されたのだ。

 

 

その捕まった人は国内でいう額の7000円くらいの罰金をとられることになり、

次にまた同じ事をやったら

13万円くらいの罰金をとるぞ、とか警察官から言われたらしい。

 

 

で、その沿岸部とかを見張っていた警察官いわく

どうして捕まえたのかというと

その魚のエサを探していた人が乗っていた船に

塗ってある汚れ防止用の塗料が、そこらへんに養殖しているのかは

知らんが、住んでいるカキ貝に、悪影響を与える可能性があったので

いたしかたなく、大昔の法律をひっぱってきて適用したのだ、ということ。

 

 

ふ~ん、大昔の法律が、そのまま廃止もされずに、なんとなく残っていれば

いつかなにかの際に、使えることもあるんだなぁ、とか思った次第で。

 

 

なんか昔からの慣習みたいな感じで残っていた法律なのかね?

こういう感じで残っている法律とか結構、多そうだな。

いろんな地域とかで。

 

 

こういう感じの法律を探していきたいと思う。

どういう経緯で制定されて、残っているのかとか知りたいし、興味あるわ。

なにかしらの歴史の埋もれた一端を知れるような気がして

なんか得したような気がしませんかね?

 

 

SH

 

 

 

<魚 釣り餌 エサ 河口 沿岸部 海 川 川虫 虫 餌 生き餌 養殖 カキ 牡蠣 法律 罰金 採掘 採取 掘る>