近所付き合いを終わらせるため火が放たれた話

 

 

海外の話。

うろ覚えで書く。

 

 

 

どこぞのアパートに男性が住んでいたのであるが

同じアパートの他の住人から

アイツは付き合いが良くないだとか、

なんか無理、だとか、いろいろ陰で悪口を言われていたらしい。

 

 

(賃貸住まいで、近所付き合いも何も無いと思ったが、

あるところにはあるんだな、面倒くさそう)

 

 

そんな中、とうとうそういった村八分的な

グチグチした陰湿な近所付き合いに耐えかねて、

とうとう自分が住んでいるアパートに火を放ったのであった。

ザ・ファイアー。

 

 

 

日頃自分のことをなじってストレスのはけ口としてくる、

隣人達に少しでも仕返しをしてやりたかったのか、

アパートの下階に火を放ち、そらそら~、

火をつけたぞ~、みんな逃げろ~!、、、とか叫んでいたらしい。

 

(良心的なのか、楽しんでいるだけなのか、おそらく後者)

 

 

 

そして階段を上って自分の部屋へとたどり着いてから

(なぜ逃げない笑)

部屋の扉を開けっ放しにして

音楽を大音量で鳴らし始めて、ガンガンいわせ始めたらしい。

 

 

そのうちにアパートの住民が異変に気付いて

ポリスメンへと通報したらしい。

 

 

そしてポリスメンが来た頃には、アパートにはモクモクと煙と火が上がって

上へと登っていっていたとか。

 

 

 

けれども、そのアパートにその時間帯人があまりいなかったのか、

はたまた火が広まるまでに時間がかかったのか、

(その間に逃げたか)

他の住民に負傷者は一人も出なかったらしいが、

自室にこもってラジオガンガン鳴らしていた

火を放った男性だけが、煙を少し吸ったらしく

部屋で倒れていたらしいが、すぐに救出されたらしい。

 

 

一体何がしたかったんだ?

あまりのストレスにより奇行に走ったのか?

 

 

 

で、この男性の裁判がおこなわれたのであるが、

火を放ったにもかかわらず、まぁ負傷者もまったくでなかったし、

(もちろん物は燃えたのであるが、それらの賠償はまた別)

なによりもアパートでの近隣付き合いで苦悩していた、

日頃から悪口とか言われて精神的にまいっていて

今回、このような奇行に及んだ、ということが考慮されて

意外にも、かなり短い刑期で済んだらしい。

 

 

まぁなかなか簡単に引っ越すなんてことも、

金無いとできませんからねぇ~。

 

 

ここまで思い詰める前に、なんとかできれば、とは

思いますがぁ・・・

 

 

 

 

<歴史 裁判>