おすすめ記事



なんでニワトリは一年中、常に卵を産めるのか?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①鶏は卵をたくさん産めるように、歴史をかけて、改良されてきた?

②昔の球技の呼び方は、結構かっこいい漢字だった

 

 

 

①鶏は卵をたくさん産めるように、歴史をかけて、改良されてきた?

 

 

なんていいますか、今みんなが知っているニワトリには

ベースとなる鳥がいましてねぇ、、、

 

 

その鳥を家畜化したのがニワトリなんですわぁ~

 

 

 

その鳥というのが、一年に何個も卵を産むのである。

 

 

それにその鳥の卵を、鳥から奪うと、それを補うために、また卵を産む、という

産卵形式をしていたので、

ここに目を付けられたのであった。

 

 

そして、その鳥は、なんと空を飛べるのであるが、一応、

しかし、なんか知らんが、あまり飛ぶのは得意でないみたいで、

普段、地上で暮らしているらしいで、

結構、捕まえやすかったのだ。

 

 

ベラジョンカジノ スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 自動的に約3000円分の賭け金がもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(主にスロットなど)で賭け金として、 お試しでプレイできますので、 是非ご使用ください登録後、賭け金もらって、テキトーにゲームを選び、 どれだけ賭けるかの設定さえすれば、 どのゲームも簡単...

 

 

それで、その中から、いい感じに卵を産めるヤツを選び出して、

そういった奴同士で、混ぜ合わせたのかは知らんが、

そのかいあって、長い歴史を通して、

今のニワトリさんは、みんな卵を日々産めるまでになった。

 

 

そして、また日が短くなると、卵をあまり産まなくなり、大人しくなるので、

特定の季節でしか、卵を産まないのを、常に人工の光を照らすことで、

一年中、卵を産んでいるんだとか・・・

 

 

そういうわけで食料品販売店で、常に卵が売られたり、

飲食店では卵料理が常につくって提供できるわけらしいですね。

 

 

 

・・・ああ、あとニワトリの元となる鳥は、飛べたらしいけれども、

今のニワトリはもう、飛ぶ必要がないので、飛ばなくなったみたいですね。

 

 


ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥

 

 

 

②昔の球技の呼び方は、結構かっこいい漢字だった

 

 

野球は、今でも野球であるが、

サッカーや、バスケや、テニスは、今のその呼び方とは違うようです。

 

 

サッカーは、球を蹴ることによるスポーツですので、蹴球。

 

 

バスケは、球はバスケット(籠)に入れる感じなのか、籠球。

 

 

そしてテニスは、屋外でするスポーツなのか、庭球、、、、

 

 

とか言う呼び方だったとか。

 

 

ギャンボラカジノ スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 約3500円分の無料登録ボーナスがもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(スロットとか)で賭け金として、 お試しでプレイできますので、 是非ご使用ください。登録後、賭け金もらって、テキトーにゲームを選び、 どれだけ賭けるかの設定さえすれば、 どのゲームも簡単に遊...

 

 

うろおぼえだが、バスケってたしか、

果物入れるカゴにボール入れてゴールしていたんですよね、最初。

 

 

で、取り出しやすいように下に穴開けて、網付けて、

いい具合にボール落ちてくるようにしたんだっけ?忘れた。

 

 

 

・・・ああ、あと卓球も卓上でする球技でして、呼び名もそのままですね。

 

 

 

 

<歴史>