おすすめ記事(スクロールできます)



駄文、駄記事も、ブログにとりあえずアップしておけ!

 

 

なんかとりあえず書き上げた記事を読んでみて

たいしたこと書いてないし、面白くないし、誰かの役に立ちそうもないし、

なんか何が言いたいのかもよく分からず意味不明だし、

正しいこと書いてあるのかも分からない、

たぶんかなり思い込みで書いてしまったなぁ、、、とか思っても

とりあえずブログにあげておくべきだと思う。

 

 

たとえその記事が検索されずに、

それどころかブログのお荷物記事になったとしてもだ。

 

 

・・・なぜなのか?

 

 

だってブログで、そもそもそういう記事をあげてもいい場所、

っていうか、そういうのを書いてテキトーにあげていく場所であるからだ。

 

 

本質を忘れてはいけない。

 

 

完成度の高い、内容も充実した記事だけあげよう、、、とか思っていたら、

書いた人の思いを、そのまま書き出すことをためらってしまうからだ。

 

 

また文字数だって1000文字に、まったく満たなくたって、

全然構いやしない。

 

 

 

なんていうか、何かに関して自分がこう思ったことを、

ガガガと思ったままに書いて、

それがたとえなんか内容とか勘違いしていて、書かれたことが正しくなくても、

それはそれでいいのだ。

 

 

だって、それが個人のブログであるからなのだ。

 

 

読み手、というか、そのブログの訪問者の方が、

そういうことをなんとなく理解すべきであるのだ。

 

 

ブログっていうのは、信憑性、正確性うんぬんではなく、

そのブログの運営者の感情や考えていることが、

書いた当時のそのままが、記事として掲載される場所だからだ。

 

 

そんな記事に、読んだ方から、いろいろと、

あ~だ、こ~だ、と思われて、何か指摘したいと思われても、、、ねぇ?

 

 

 

いわゆるただの、他者にも自由に読むことが可能なだけの、

普通の個人日記みたいな物ですからねぇ~。

 

 

 

・・・とにかくブログで、なんか読まれる記事書いて

いつかアクセス数増やして、いくら稼ぎたいと思って、

誰かに読まれそうな記事を考えて、ネタを考えて、

また文字数なども考慮して気にしながら、たくさん記事を書いていても、

思っていたよりも、まったく人が来なかったらガッカリしますので、、、、

 

 

それよりも好きなように、そして中途半端でテキトーに思いついたこと、

考えついたことを記事として書いていき、

それをずっとダラダラと継続していき、、、、

 

 

なんかいつもまにか気付いたら、ブログへの訪問者数増えていた、、、とかの方が、

なんか面白くて良い感じしませんか?

 

 

なんかロマンないですか?そういうの。

 

 

真面目にしていてもねぇ?

 

 

 

それに、がんばって書いた記事よりも、

ふざけながら書いたような記事の方が、読まれますよ、案外。

 

 

 

(書いた本人は、意外にも、

真面目に書いたんだけれどもな記事でも、

客観的に読んだからすれば、ふざけているだろコレとか思われる。。。。)

 

 

 

 

<ブログ 更新 無駄 記事 継続>