<戦国>相手をじらして、法に触れるよう誘導するの禁止

 

 

今から500年前くらいの、

国内のとある地域にあった法律の話。

うろ覚えで話す。

 

 

 

「ここは、私の所有地である!」と、争っている2人がいた場合に

やっぱり裁判なんか無視して、強行的に、どちらか一方が

その争っている土地を奪おうとしてきたら、

その時には、その地域の偉い人の判断で

その土地をとりあえず3年間は

もう一方の相手方の土地として、みなします、

という法律が、当時あった。

 

 

 

まぁ力がものを言わす時代ですからね、

一応、その地域の偉い人の目をうかがって、とりあえず、

裁判を用いて、手続きにのっとって

土地の所有権を争おう、とはしたものの、

自分の不利になりそうだったり、

裁判がなかなか思うとおりすすまなかったら、

やっぱり最後は有無を言わさず

力で奪ったもん勝ちだ!とか

思うような人もいたんでしょう。

 

 

だからこういう法律ができた、、、と。

 

 

 

しかし、次第に頭を使う人も現れてきたようでして、、、

単に力でど~こ~ではなく、その法律自体をうまく用いて

自分を有利にもっていこうと考える人が現れたらしい。

 

 

 

どういうことをする人が現れたかというと、

わざと土地の所有権を争う裁判を、あ~だこ~だと、

いろいろ細かいことを主張したりして、

その裁判をしきっている、その地域の偉い人に考えさせたり、

または、こちらの都合で、今すぐには判決出さんといてくれ、とか、

いろいろ言ったりして、

とにかく裁判の審理をワザと長引かせようとしたのだ。

 

 

 

そういうことをすることによって

相手方をイライラさせて、いつまで経っても

裁判が進まず、判決が出る様子もないし、

 

「もうこうなったら力によって、

その土地を強制的に私のものに・・・」

 

、、、とか思わせて、行動に移させようとするわけです。

 

 

 

そういう感じで、相手を挑発して、

先に手を出させるような感じにすることによって、、、、

そこをすかさず「い~けないんだ~」と指摘して

裁判をしきっている、その地域の偉い人にチクるわけです。

 

 

 

そしたら、先にも話した法律によって、

とにかく3年間は、その争っている土地を自分の土地として

はばかることなく所有することができて

その土地からとれる作物とかを3年間

自分のものにしたりできるのです。

 

 

こういう、なんとなくズルいことを考えるヤツがいたわけです。

 

 

 

結構、そういうことが地域内で多発したのだろうか。

 

 

その地域をしきっている偉い人は

 

「そういう目的で、その法律を作ったワケじゃないんだけどな~」

 

、、、ということで、その法律を改正した。

 

 

 

で、どういう感じの法律に変わったかというと、

裁判によって2者が争っている土地を

どちらか一方が裁判を無視して、自らの力によって、

その土地を強行的に自分の土地にしようとした場合に、

今までのように、3年間その土地を相手方の土地にするのではなく、

とりあえずそのまま、

その土地は争っている途中であるということで、

誰の所有地か不明確なままの土地とみなします。

 

 

そしてその土地から、

とれる作物とかの収益は、その間、

その地域にある地元の神社の運営費用として、

寄付することにします。

 

 

そして、また来年、裁判をできることならば再開して、

どちらの所有地か、明確にハッキリと決めましょうよ、

ということにしたのだ。

 

 

 

その争っている土地から採れる作物とかの収益を、

その地域をしきっている偉い人が自分の懐に入れるのではなく、

とりあえず強行的にどちらか一方が、

どーこーしようとした年だけは

神社に渡してしまう、、、っていうのが、いいですよね。

 

 

あくまで表面上は、上からの一方的な没収という感じではなく、

あくまで地元の、関係なさそうな第3者的な公共物的なところに、

あげちゃいますよ~、っていうのが、

下からの反発感情をあおらないように

気をつかっているのが見てとれる。

 

 

あくまで自分は中立的な立場であり、

互いの揉め事解消のための裁判しかしないので、、、って感じ。

 

 

 

とにかく、当時でも、

法律がうまく機能していない、、、

逆に法律を逆手にとろうとする人がいた、、、ってことと、

その様子を見て、問題があるなぁ~、と上が判断すれば

しっかりと対応して、柔軟に法を改正することもあった、、、

ということですね。

 

 

当時は、力のみでの解決がほぼすべて、と思われがちですが

結構、法律は重視された、、、

まぁ地域の偉い人、、、つまり実力者が定めた法律ですがね。

 

 

けれども、その地域をしきる偉い人も、よく考えていた。

 

 

なぜなら、なにかしらの法律をつくるにしても

その地域に住む人々が自身に頼ってくれるような、また、

ちゃんと遵守して守ってくれるようなモノに

しなければならなかったので。

 

 

その地域を長期間安定しておさめるためにも、

地元の人々が不満なく暮らせるよう、

その時代なりに、よく考えていた。

 

 

 

 

<土地 訴訟 戦国時代 年貢 揉め事 自力救済 力尽く 法律 所有権 所有物 歴史>