おすすめ記事(スクロールできます)



新しい変化よりも、現状維持を考えてしまうモノ

 

 

なんかで耳にしたのだが、

人って、新しいこと始めようとしても

今居る環境から離れて、別の環境にうつったりするのが

必ずしもよくなると確信できなければ

多少辛くて苦しくて納得できない現状におかれていても、

大抵は現状維持に走る、と聞いた。

 

 

まぁなんか新しいこと始めるのって

やっぱり自分が現在身を置く環境から離れて

移動しなきゃならんことも、よくあることでしょう。

 

 

転職であれ、転居であれ、、、または学生であれば部活であれ。

移った先でちゃんとやっていけるか未知であるのであれば、

もしかしたら今の現状よりも良くならない、どころか

もっとアカンことになる可能性が少しでもあれば

現状に不満があっても我慢できそうであれば

動こうとはしないもんですからね。

 

 

それに別に勇気出して、思い切って移らないことが

良くないことだ、可能性を狭めているとかいうことも

言えないことが多いですからね。

今の世の中。

 

 

楽園なんて、そうあるもんじゃない。

大体、なんとなく嫌な予感って言うのは当たってしまうもんでして。

 

 

人生はゲームみたいにセーブして、ダメだったらまた、

リセットして再開できるわけでもなし。

 

 

慎重になる分、やはり本能的にも、なんとなく

移っても現状よりも良くならんだろう、、、ということは感じ取れるので

そのなんとなくな感覚を信じることは重要だと思う。

 

 

まぁそれに、勇気出ないとか思っていても

新しいこと始めてしまう時は始めてしまうものですから、

環境だって移るときは移ってしまうんですよ。

 

 

今まで、そういう感じでしたし。

 

 

 

現状我慢していて、そろそろどこか移りたいとか変えたいとか

思っていたとしても、う~ん我慢するしかないか、とか思っていたとしても

やはりいろいろ、すでにたまっているものでして。

 

 

なんかちょっとしたキッカケがあると、

もうこの先どうなるか、よく分からんが別の所行くかとか

衝動に動かされて、いってしまうものなのです。

始めてしまうものなのです。

 

 

そういう状況にまで追い込まれると

臆病風に吹かれて現状維持なんて考える余裕すら無い。

変わるしかないってことになる。

 

 

まぁそうなる前になんとかしたいものですが、

それが、なかなか、、、ね?

 

 

 

とにかく、現状維持できなくなり、

もう変わらなきゃいけないことになる状況になる前に、

どのように変わるべきか(どこへ移るか)とかは

事前にそれとなく調べたりして

ビジョンは曖昧にでも持っておくことですね。

 

 

そしたら、いざという時、あんまり慌てなくても良いですから。

まぁ変わった先が良いかどうかは、変わってみないと分かりませんが。

どんだけ調べようが確証なんて、そうそう得られませんし。

 

 

まぁ変わったら、現状の環境よりは、多少なりとも良くなる確率を上げる

努力すべき余地があるのであれば、できるだけしてみた方が良いかもですが。

というか怠る理由がないでしょう。

 

 

無策で、行き当たりばったりで、出たとこ勝負で

上手くいくことなんて、あんまりないでしょうから。

 

 

 

SH


変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

 

 

 

<心理 無難 妥協>