使い古した小銭から、もしかしたら宝石が作れるかもな話

 

 

テキトーにうろ覚えで書くから、そこらへんご理解を。

 

 

今回は、なんか夢のある話をしようと思う。

こんな世の中だから、なんか誰しも夢を持ちたい物です。

 

 

 

1円玉って何で出来ていますか~?

そうですアルミニウムでできていますねぇ~

 

 

その1円玉が、使い古されていくうちに

なんだか表面が白く濁ってきますよね、

なんとなく。

 

 

それは1円玉が酸素とくっついて、酸化しているかららしいのですよ。

なんだかなぁ、、、とか思いますよね、そういうの聞くと。

 

 

とっととそんな1円玉どこかで買い物したときの端数として

支払って使ってしまえよ、とか思いますが・・・

 

 

 

そんな1円玉に、、、つまり酸化してしまったアルミニウムに

ちょっと別の成分を加えたら、とある宝石になってしまうそうです。

 

 

ふぇ?、、、1円玉と宝石って紙一重なの?

そうなのか?

 

頭がよくなる! 小銭減らすドリル

 

 

その酸素とくっついた1円玉(アルミニウム)の成分に

ちょっと(かどうかは知らんが)

鉄とチタンを加えると、なんか知らんが

あのサファイアになるそうです。

 

 

つまりサファイアの成分は

そんな酸化アルミニウムに

鉄とチタンを加えた物らしいです。

 

 

へぇ~、、、、だったら自分でも簡単に作れたりするんですかね?

とか思いますけど、どうなんだろ?

 

 

 

また、その、

酸素とくっつくまで使い古されてしまった1円玉に

ちょっとクロムとかいうのを加えると

ルビーさんになるらしいです。

 

 

 

・・・なんか、こう、、、1円玉でなくても

(お金を加工するのはアレですから、代わりに)

アルミ缶とか使って、なんか作れたりするんですかねぇ?

あと銀紙というか、アルミホイルとかからも、

なんか日常で使う系のものとかも使えるんですかね。

 

 

 

まぁ詳しいことは知りませんが、

そううまくいくわけはないということだけは、なんとなく分かりますが。

 

 

 

成分合成することも

加工とか、そういうことも、おそらく、できないでしょうし。

 

 

それになんとなくできたところで売れるのか?

誰に売るの、買ってくれるの?、、、という話である。

 

 

 

ああ、あとルビー、サファイアときたら、

エメラルドはどうなんですかね?

 

 

もしかしたら酸化アルミニウムに、なんか加えたら

やっぱり作れたりするんですかね?

 

 

SH


あなたの知らないヒミツがたくさん! カワイイ宝石ずかん

 

 

 

<関連する記事>

 

宝くじで数億円当てたら、まず最初に仕事を辞める!

 

久しぶりにあった知り合いが魔法使いになっていた話

(記事後半)

 

 



 

 

<製造 宝石 アルミ>