おすすめ記事



なぜガソスタ店員は、いつも客が給油中に話しかけてくる?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①客が動けない時を見計らい、ソロソロと寄ってくる店員の考えとは?

②大昔は、若ければ、読み書きと計算さえできれば、就職はできた?

 

 

 

①客が動けない時を見計らい、ソロソロと寄ってくる店員の考えとは?

 

 

なんかセルフのガソリンスタンドに行って、自身で給油をし始めると、

そこを見てすかさず、スタンドにいる店員が近づいてきて、

いろいろとチラシを渡してきたり、点検しましょうか、とか、

タイヤの状態はどうですか?とか、

営業し始めるのであるが、

なぜなのか、、、そう逃げられないからだ。

 

 

車に給油中で、給油口に片手で差し込んでいる最中なので、

その間、その場所に固定されて離れられないからだ。

 

 

どこのセルフのガソスタに行っても、

その最中を見計らい話しかけてくるのである。

 

 

なんか接客マニュアルにでも載っているんでしょうかねぇ。

 

 

その最中に話しかけられたら、客は逃げずに大人しく、

店員の一方的な営業トークを、うんうん分かったよ、

と聞くしかなくなるから、、、見計らって行ってこいよ、と。

 

 

そう上が若いバイトに教育していくんじゃないか代々、、、たぶん。

 

 

インターカジノ スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 自動的に約3000円分の賭け金がもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(主にスロットなど)で賭け金として、 お試しでプレイできますので、 是非ご使用ください登録後、賭け金もらって、テキトーにゲームを選び、 どれだけ賭けるかの設定さえすれば、 どのゲームも簡単...

 

 

また、こういう動けない状態を作り出すというか、

そういうのを見計らって営業をしてくる、

という方法も学ぶべきところでしょう。

 

 

自身の話を聞いてくれる(聞くしかない)状況を、

いかに作り出すか、見つけ出すか、考えていかないとね?

 

 

ええ。

 

 

 

②大昔は、若ければ、読み書きと計算さえできれば、就職はできた?

 

 

大昔の学校、つまり江戸時代の学校というのは、

学校と言うよりも、個人の塾であった。

 

 

ほどほどの年齢になると、親が、

近場の塾に頼んで、子供をそこに通わせて、

読み書きやら、あとはちょっとした計算とかを学ばせるのだ。

 

 

お上が行う義務教育とかではなく、大体好きに塾は選べるし、

別に子供をそこに通わせなくてもいいが、

習慣的に、親は子供を通わせていた。

 

 

遊雅堂カジノ スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 自動的に3000円分の賭け金がもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(スロット、またはトランプ)で、 賭け金として、お試しでプレイできますので、 是非ご使用ください。 ( オススメは、もちろんスロットです! ) 登録後、賭け金もらって、テキトーにゲームを選び、 ...

 

 

で、別に教室が年齢学年とともに別れているわけでもなく、

ひとつの教室に、歳離れた子とか、

勉強の習熟度の違う子も一緒にいれて、

そこで学ばせていた。

 

 

まぁ教室の前に教師が出て、一斉に授業するわけではなく、

ひとりひとり教師がみて、

それぞれに課題を与えて、こなさせて、

それを教師に見させて、いろいろアドバイスしたりとか、

そういう感じであった。

 

 

そして教科書も、いろいろあったらしいですね。

教科書を使って、子供に物を教えるにしても、

どの教科書使うかも教師とかの自由であった。

 

 

 

・・・で、どのくらいの間、そこに当時の子供が通うのか、というのも、

特に定めはないのですが、大体、

10歳になる何年か前くらいから通い始めて

大体10代前半で卒業するまで、数年間といった感じであろうか。

 

 

まぁ最低限の読み書きと計算さえできるようになれば、

それで卒業ということで。

 

 

そのあとは家業を手伝うなり、どこかへ就職先探すなりって感じですか。

 

 

まぁある程度の読み書きと計算さえできれば、

当時としては、もう十分、仕事ができるってことでしょうよ。

 

 

あとは社会に出てから、まわりに教えてもらうなり、自身でまわり見ながら学ぶか。

 

 

 

・・・まぁ就職っていうのは若さですからね、

どこの職場も若くて素直で元気な人を求めている、、、いつの時代も。

 

 

若いウチは、職場でも、

まわりから、それなりにちやほやされて、仕事を教えてください、と

調子に乗らず素直に教えを請えば、まわりが教えてくれたりしますからね。

 

 

そういう職場では、若さがあって、

それと読み書きと計算さえ、ある程度できれば、

ウェルカムであり、あとは仕事しながら、

いろいろと次第に覚えていけばよい感覚だったんでしょうね、当時も。

 

 

 


人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人

 

 

 

 

<接客 歴史>