おすすめ記事(スクロールできます)



カルボナーラの名の由来は?、他

 

 

うろ覚えで書く。

2本分書く。

 

 

 

①カルボナーラの名の由来は?

 

 

カルボナーラというのは、どうも「炭を焼く人」とかいう意味らしいが、

一体どういった経緯でそういう名がつけられたのかというと

詳細には分かっていないらしい。

 

 

ちなみにカルボナーラは知っていますよね。

ベーコンにエッグ、そこにチーズと胡椒かけた、

安いとこなら500円くらいで食べれる、あのスパゲティ?でしたよね。

 

 

で、なんで名の意味が炭が関係してくるのか?

普通そういうスパゲティとかって、使われている材料とかや

発祥地とかから名付けられることが多いらしいですが。

 

 

上にかかっている胡椒が

炭が落ちてちょっと付いた感じに似ているから、というのもあるし、

炭を焼く人が食べた料理だから、とかも言われているし。

(炭を焼いている間につくって食べていた、それにベーコンやチーズは保存もきくので)

 

 

まぁいろいろ言われている、ということで。

 

 

あとカルボナーラという名がつかわれるようになったのは、

結構最近だとのことで。

 

 

 

②猫が落ちていたから訴えた話

 

 

海外の話。

アパートでの話。

 

 

猫を飼っている人がいたのであるが、

よく部屋を抜け出して隣人の部屋のベランダへと

勝手に行ってしまうことがあった。

 

 

ある日、飼い猫が、隣の部屋の

窓際のベランダの下より落ちたのか、ちょうど倒れていた。

 

 

その猫の飼い主は、裁判を起こして

隣人がその猫を毛嫌いして、突き落としたのか、

はたまた猫にレーザーポインターみたいなのを当てて、

嫌がらせして落したのだとか言う。

 

 

猫はただ好奇心にかきたてられ、ちょっと隣に

遊びに侵入しただけなのに、なんてヒドいことを・・・

とか言ったらしい。

 

 

 

で、裁判でのその隣人の主張いわく、

なんでここに呼ばれたのか意味が分からない、

まったくもって何もしていません、とのこと。

 

 

けれども検察官がいうところいわく、

何もしていなければここに出席することもないでしょう、

それに、でなきゃ猫の飼い主が突然、いつも仲良く?付き合っていた

隣人にこんなイチャモンをつけたりしないでしょう、とのこと。

 

 

う~む、説得力がありますねぇ~笑、

とにかく検察官はいくらかの罰金刑を求刑した。

おそらく隣人で間違いないと。

 

 

 

けれども裁判官は、訴えられた人が

わざわざそんなことをしたとはどうも思えないし、

訴えた側の主張にしても根拠に乏しいということで

無罪判決を出した。

 

 

普通に猫が勝手に隣人のベランダから落っこちたのではないか?と。

 

 

猫を飼うときには、まぁ放し飼いになった時には

まぁいろいろありますよねぇ。

 

 

 

SH

 

 

なんだかんだで、やっぱカルボナーラ。

 

 

 

<猫 訴訟 裁判 由来 起源 語源 歴史>