おすすめ記事(スクロールできます)



大事な物入れた箱の上で寝たのがベッドの起源?、他

 

 

うろ覚えで2記事分、書きます。

 

 

目次

 

大事な物の近くで寝れば、安眠できます?

患者が手術室から逃げ出した理由とは?

 

 

 

①大事な物の近くで寝れば、安眠できます?

 

 

なんといいますか、大昔(何百年前か)のどこぞ海外では、

大事な物、金目の物とかは、なんか

上に蓋の付いた大きな箱の中に入れて保管していたみたいですが、

これが、だんだんと横から引き出しを開けて

出し入れできるタイプになってきたらしい。

 

 

で、そして、それがなんか

横に広い感じの箱であったならば、大事な物も入っていることだし、

その箱の上に、なんかいろいろ敷いて寝てしまえばいいんじゃないかと

いうことになってしまった。

 

 

見ていたら寝心地良さそうだったんですかね。

ちょうど良い高さであれば、ゴロンとなってしまいそうです。

 

 

 

まぁ大事な物が置いてあるそばで、

寝ている方が安眠できるということもあるんでしょうが。

 

 

で、なんかそれが今のベッドの始まりだとかいわれているのですが。

 

 

 

(・・・もちろんもっと太古の昔からベッドみたいなものはありましたが、

それはお偉いさん方が使っていたのであって、

つまり今回述べたことは一般ピーポーが使うようになったキッカケが

こういう感じから、とか、そういう感じであったとか。)

 

 

 

・・・まぁなんといいますか、今現代のベッドも下に

なんか引き出しついているのありますけれども、

そこに大事な物を入れる、、、ということもありますでしょうが、

なんか本とか、パジャマとか、、、あとはなんか食べ物とか、

入れていたりするんでしょうか。

 

 

ある程度、治安が良い現代だからこそ、、、って感じですが、

少しは大事な物の管理どうにかした方がいいかもですね。

 

 

 

余談ですが、まぁなんか江戸時代には、なんか枕の中になんか、

大事な物を入れて寝ていたとか聞きますが・・・

 

 

 

②患者が手術室から逃げ出した理由とは?

 

 

とある病院で、

なんか手術服を着た患者が廊下を走っているので

それを見た看護婦さんがどうかしましたか?と

声をかけたことがあったんだとか。

 

 

手術が怖くなって逃げてきたのだろうか?と思ったら

案の上、その通りであった。

 

 

で、もっと詳細に聞くところいわく、

手術室で震えていたので、そこにいた看護婦さんが

大丈夫です、安心してください、

あなたが落ち着けばきっと成功しますよ、と言っていたらしい。

 

 

 

で、手術室から逃げ出してきた患者の、

その話を聞いてあげた看護婦さんは、

そうですよ、怖がらずにちゃんとリラックスして

手術を受ければ、ちゃんと成功しますよ、

あなたを落ち着かせるために、その看護婦さんは

あなたにそう言ったのですよ、とか答えた。

 

 

 

しかし、患者は首を横に振って、違う、そうではない、と述べた。

 

 

 

いわく、手術室の看護婦さんが落ち着くように

声をかけていたのは、患者である私ではなく、

執刀医である医者の方であったのだとか。

 

 

医者が、私の体を見ながら

メスを持ちながらブルブルと震えていたので、

たまらなくなって逃げてきたのだとか、いうことで・・・

 

 

<関連する記事>

 

行為中のベッドの上に棚が落下して訴えた話

 

昔の宿屋では、最初、食事は出なかった

 

 



 

<歴史>