乗り物に酔う人と、酔わない人の違いとは?

 

 

なんで、乗り物に乗っていると、酔ってしまうことがあるのか?

 

 

今回、その仕組みについて、と、逆に

乗り物に酔わない人がいるけど、そういった人はどういう人なのか、

についてちょっと書いていきます。

 

 

うろ覚えでテキトーに書くので、そこらへんご理解を。

 

 

 

まず乗り物酔いをしてしまう仕組みについてですが

まず、人の耳の奥にある、、、つまり頭の中にあるという

なんちゃら器官というものによって

人は体のバランスをうまくとっているらしい。

 

 

そして目、、、この目でまわりを見て

情報を得ながら、その頭の中にあるなんちゃら器官で

体のバランスをとることによって

人はうまく立ったり歩いたりして、普通の日常生活を

おくることが出来ているというワケですね。

 

 

つまり目と、その頭の中にある器官が、

うまくお互いに協力して、うまく支障なく体を動かせるワケですね。

 

 

 

しかし、船やらバスやらの乗り物に乗って

ユーラユラと不意に揺れたら、どうなるでしょう?

 

 

目から入ってくる情報が揺さぶられて

頭の中にある、体のバランスをとるための、なんちゃら器官も

揺すられるわけである。

 

 

となると、目と頭の器官の両者で、

お互いに二人三脚みたいな感じで協力して

いつも普通に体を動かしていたのですが

両者が著しくズレてしまうワケです。

 

 

協力できなくなってしまう。

 

 

 

いつも両者日常的に、うまく協力しながら

体を動かしていたのが、できなくなって

どうやら脳みそでは、そのようなズレる現状をいちじるしく不快だと

感じてしまうようになっているらしく、

 

(体に異常が起こった、という信号でも発して

早く元にもどすように呼びかけているんでしょうかね)

 

そのことによって、気持ち悪くなってしまうそうです。

 

 

 

・・・で、酔わない人は、どんな人なのか、というと

まぁいつも日常的にバスやら船やらに乗ってズレを体験して

そのズレにすでに慣れてしまっている人、というのもありますが、

別にそうじゃない人でも酔わないことがあるみたいで。

 

 

つまり、そういう人っていうのは

その乗り物を運転している本人のこと、、、ですよね。

 

 

ハンドルとか握って、直接、運転している本人は、

前を見て、ハンドルを握って自ら操作していて

どこに進むのか、曲がるのか、予測できますので

それに合わせて、自然に体を傾けたりして、そのことにより

目と頭の器官とでズレが起こらず、

うまくバランスがとれますので、なかなか酔うことはないらしいです。

 

 

つまり、後ろの席とかで乗っている人は

乗り物の動きをうまく予測できないので

合わせることができず、

不意に揺れたりすると目と頭の器官とでズレが生じやすくなる、

ということらしいですね。

 

 

 

まぁこんな感じですか。

 

 

あとパソコンのやりすぎで、ウッ、、、となってしまうのは

ただの目の疲れ、と、脳の酷使が原因ですよ、ハイ。

 

 

SH

 

 

<関連する記事>

 

トイレで転んだのは幽霊の責任なので訴えた話

 

追突されて自分の乗っていた車のメーカーを訴えた話

 

 

 



 

<乗り物酔い 乗り物 酔う 理由 原因 仕組み 感覚 視覚>