おすすめ記事(スクロールできます)



排泄犬に一服盛って自白したが無罪になった話

リラックス

 

 

海外の話。

 

 

とあるアパートの前で、必ず排泄をする犬がいた。

 

 

どうやら飼い主は、散歩の時に、その犬を連れていき

 

「ここの前を通ったら、ちゃんと必ず出すものを出して、排泄しときなさい!」

 

、、、と、その犬に習慣づけていたようだ。

トイレの場所としては、そこが最適だったようで。

 

 

 

それで、ある日、そのアパートの近くにある木の下に

なぜかソーセージが置いてあった。

 

 

そこは、ちょうど、犬の排泄場であるアパートの前を通りかかる直前にある

犬の散歩コースのドンピシャな場所なのである。

 

 

もちろん犬は喜んで、そのソーセージを食べた。

しかし、全部食べ終わると、すぐに動かなくなってしまった。

 

 

 

それで、飼い主が獣医に連れて行くと

 

「これはソーセージに盛られていましたね~」

 

、、、という診断結果を医者はだした。

 


 

盛った犯人の心当たりはあった。

以前から、

 

「頼むから、うちのアパートの前で犬に排泄させないでくれ~」

 

、、、と、せつに懇願してくる、アパートの大家がいた。

 

 

 

 

で、まぁそのあと、いろいろあって、

犬の飼い主は、そのアパートの大家を

なんとか刑事裁判にかけることに成功した。

 

 

 

で、法廷に出てきた、その大家いわく

 

「ハイハイ、私がやりましたよ、

でも、そんな犬畜生一匹のことくらいで、なにか問題でも?

大げさすぎるんだよ。

 

それに、今回の行動は、私のアパートを犬の排泄物の臭いから

守るためにおこなった、正当な行為だ。

それに飼い主に何度言っても聞き入れてもらえなかった。」

 

 

、、、、と主張した。

 

 

 

一応、疑われて裁判にかけられた大家は

犯行を自白?したのであるが

その自白以外に特に証拠も無い、という理由で

その大家は、まったくの無罪放免となった。

 

 

罰金どころか、裁判官から注意された、とかも特になかった。

 

 

 

あと、その事件を審理した裁判官は、その裁判の中で

 

「まぁ、その大家が本当にやったのかどうかは分かりませんが

そこのアパートに住んでいる住人達も、以前から

犬の排泄物の臭いに困っていたらしいので

大家がそのような行動をとっても、

なんら不思議なことではないでしょう。」

 

 

、、、、、と述べた、とか。

 

 

SH

 

 

 

 

<餌 器物損壊 器物損壊罪 ペット 犬 エサ 裁判 訴訟 刑事事件 事件 排泄物 排泄 アパート 判決 無罪 自白 散歩 トイレ 医者 動物病院 食事 診察>