おすすめ記事(スクロールできます)



犬を見つめてはいけない、とかいう法律の話

 

 

 

テキトーに書くので、あしからず。

 

海外のどこぞの地域での話で、

とある郵便配達員が、郵便配達中に、

どこぞの家の犬が自分のことを襲ってきたので

その犬を蹴っ飛ばしたことがあった。

 

そのことを知った、どこぞの動物大好き団体が

郵便配達員の配達方法に問題がある、とか、なんとか言い出して

まず郵便配達員が犬を刺激しない方法として

犬の目を見ないことだ、とか、なんとか言い出した。

 

で、なんか知らんが、そのことが、そのまま法律として

認められてしまうだ、とか、なんとか。

 

まずは、各家庭のポスト付近とかに

凶暴な犬を置かないように呼びかけるべきで、ないかい?

 

普通に、郵便局員の行動は

自分の身をまもるための

対物防衛ないし、正当防衛とかじゃないのか?

 

虐待とか、そういうもんではないだろ。

 

人よりも、動物保護するのか。

まぁいろいろあるんだろうけどさぁ。

 

そういえば、昔、私の家で犬飼っていたことがあるのですが、

私の子供の頃だったか。

 

なかなかよく元気の吠える犬で、番犬としての役割はちゃんと果たしていた。

 

で、ある日、家の中にいたら、外の方で

ワンワンうちの家の犬の吠える声が聞こえてくる。

 

誰かいるのかなぁ~とか思って、窓開けてのぞいてみると

郵便配達員が、配達にきたのだけれども、犬を怖がって

どうすればいいのか分からない、みたいな感じで、とまどっていた。

 

それで、なんとかしてください~、みたいなことを言っていた。

一応ちゃんと犬の鎖は

しっかり長さ調整して縛ってあったのですが。

 

まぁそのあと、ちょっと玄関先から犬の位置をズラしてあげたのですが

子供ながら、犬くらいで、なんて情けない大人なんだろうか、とか思ってしまった。

 

、、、が、しかし、その数年後、私自身も、

その郵便配達員と同じ思いをすることになるのであるが。

 

数年後、近場の郵便局で、郵便配達のバイトを始めるのであるが

事前に郵便局員から、あそことあそこの家の犬すごいから

気をつけてね、とか言われた。

 

その時は、たいしたことないだろう、とか思っていたのであるが。

 

で、そこの家に行ってみると、大きな庭があって、

たしかに犬くらい、どこかに飼ってそうだな~、とか思ったが

一見みたところ玄関先とかには

言われていた犬はおらず、どっか家の倉庫の中とかにいるのかな~とか

思っていたのであるが、

近づいて、玄関の横についているポストに郵便物を入れたら、

急に横の物陰から、ガオンガオンみたいな感じで吠えて

犬が飛び出してきた。

 

あの時は、びっくりして、飛び退いた。

不意打ちかよ。

 

それ以来、大きな庭とかある家に行くと

まず最初に、

犬がいるかどうかを警戒するようになったとか、ならなかったとか。

 

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

 

 

<犬 眼 目 法律 郵便 配達>