おすすめ記事(スクロールできます)



相続で自分の取り分に不服なら協議を覆せるか?

なかよく

 

 

 

<質問の概要>


自分以外にも他に、自分に兄弟姉妹などの相続人がいた場合の話です。



親が亡くなって、遺産を相続するときに、

同じ子供同士で相続割合を話し合って、決めて(遺産分割協議)、

遺産の分割相続が終わった後に、

自分の相続分が法定相続分(法律で決まっている取り分)より足りなくて、

これじゃやっぱり少ないや、極端に取り分を減らされた、と思い、

自分の相続分に不満がある場合、

他の相続人(自分の兄弟姉妹)に対して訴訟を起こして、

自分の法定相続分まで遺産を取り戻すことはできますか?



以上、よろしくお願いします。

 

 



<弁護士回答の概要>


遺産分割協議が成立した後は、

協議内容の自分の相続分に不満があるということで、

それを覆すことはできません。



協議成立前に自分の法定相続分を主張すべきでしょう。



以上参考までに。

 

 

 

 

<私の考え>


簡単に言うと、自分も協議に参加していて、

自分も一旦その協議内容に同意したのだから、

それをなかったことにしろというのは難しい、、、ということです。



ここからは今回の質問に関して、

弁護士さんに聞いたりして教えてもらったこと、

自分で調べたことなどを徒然と書いていこうと思います。



今回の質問は記事のタイトル通り、

自分の親が亡くなった後に、

自分と同じ相続人(自分の兄弟姉妹)同士で遺産の配分を協議して一旦決めてしまったが、

自分の取り分が法定相続分以下に、つまり通常より極端に少なく配分された場合、

一度は自分もその取り分に同意したが、

やっぱり後から納得できなくなった場合、

その協議内容を覆して、なんとか

自分の本来の取り分である法定相続分ぐらいまでは遺産を取り戻すことができるか?

という内容の質問です。



まぁ被相続人(遺産残して亡くなった親)の遺言が一切なかった場合を前提とした話ですが。

(「誰誰に全財産を譲る」とかいう被相続人の遺言があると、

内容がすごく面倒なことになりますから。)



弁護士さんの回答より、

一度成立した遺産分割協議の内容は簡単には覆せないということは分かりました。



さらに、協議の結果は書面に残すことが多いので、

協議が成立した証拠もちゃんと残りますし、

「協議なんて最初から無かった」、ということにもできませんからね。



・・・ちなみに遺産分割協議を被相続人(今回は親)の生前におこなって、

分割配分の協議が成立したとしても、

相続が始まっていない段階なので、その遺産分割協議は “無効” となります。

(これは知っておいて損はないはずです!)



あと、さっきからよく出ている “法定相続分” というは、

民法で定められた、

それぞれの相続人の、被相続人の遺産に対する相続割合(取り分)のことです。



遺産の相続人が、 亡くなった人(親)の子供 の場合は、

遺産の1/2を子供が得ることができると規定されています。



今回のように、自分に兄弟姉妹が複数いれば、この1/2を、

(自分+自分以外の兄弟姉妹分)の数で割った値が、

相続人である子供一人分の、法律によって決まっている相続分です。



あとで法定相続分に関する条文を貼っておきます。

 

 

 

また、この民法による法定相続分に関する規定は、

”任意規定” と言って、

もし、この法定相続分の民法の規定とは、

違う内容の契約(取り決め)を当事者が合意して決めた場合は、

当事者が合意した取り決めの方が優先されるという規定です。



すなわち、法定相続分の(民法の)規定は 任意規定 なので、

絶対的な強制力はなく、

当事者間で一旦合意してしまった契約、取り決め、があれば、

(今回の記事では、遺産分割協議のことを主に指していますが・・・)

法定相続分の規定よりも、そちらが優先される、ということです。



ですから今回の質問のケースのように、

親が亡くなって遺産相続の分配の話になった場合、

ちゃんと自分の法定相続分以上は確保できるように、

自分以外の相続人に、ちゃんと最初から自分の通常もらえるべき取り分を主張して、

納得できない遺産分割内容の場合は、

遺産分割協議書にサインしないようにすることです。

遺産分割協議が、意にそわない内容で決まっても、後で何とかなるだろう、と思っても手遅れです。




※民法の脅迫、詐欺、錯誤、などを主張して、

契約の成立過程に瑕疵があったりして、

契約(遺産分割協議の内容)の取消、無効を主張する方法もありますが、

なかなか裁判で認められないのが実情だと、弁護士さんは言っていました。。。




あと、今回の記事には直接関係ないですが “遺留分” に関しても、


(遺留分とは・・・例えば、亡くなった被相続人からの遺言状に、「法定相続人でない人にすべての財産をやる」、

と書いてあっても、法定相続人のために確保される最低限の相続分の法律の規定ですね)


法定相続分と同じ、任意規定となっています。

当事者の取り決めがあれば、その取り決めが優先します。



・・・今回の記事は以上ですかね。


 



<参考までに>


(法定相続分)

民法 第900条

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。

三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。
ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。




・・・この条文は近年改正されましたよね、嫡出子と非嫡出子の相続分は同じになったとか、

以前が非嫡出子は嫡出子の1/2でしたが。

ちなみに嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女を父母として生まれた子供のことで、

非嫡出子はそうでない子供のことです。




あとついでに、、、

(遺留分の帰属及びその割合)

民法 第1028条

兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。

一 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一

二 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一




・・・被相続人(遺産を残して亡くなった人)の兄弟姉妹には遺留分は残りません。

 

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

仲良きことは良いことですね。

最近、どこのペットショップというか熱帯魚売り場の方に

さりげなくいわますよね。

メキシコサンショウウオっていうのか、本来の名は?

なんか、快適そうに泳いだり佇んだりしているのを見ると

そこが一番のお前の居場所なのではないのか?とか思ったり。

まぁしかし飼ってみたい、興味ある、という方は

こういった本を買って体系的に、ルーパーの知識を少々得てから

買った方がいいかもしれませんね。

まぁ大人しそうな魚?いや両生類なので、愛着はわくかも知れませんね。

いったい、何考えているんだか分からない生き物だが。

 

 

 

 

 

 

<相続人 配分 協議 話し合い 決定 相続>