車検時に勝手に車内の備品を捨てられたら、犯罪か?

 

 

車の車検の時とかに、

一通り車の検査が終わった後に

任せていた車検屋から

「車の中の発煙筒や、他にもシートベルトや、エンジンまわりの部品を

交換しておきましたよ!」

と、言われたとしましょう。

 

別にそういった車の備品や部品(パーツ)自体を

新しい物に交換することは構わないのだが

交換した古い車の備品や部品はどうしたのか?

車検屋にこちらから聞いてみたら

「捨てましたよ?」とかえされた、とします。

 

 

一応、古い車の備品や部品でも

(以降、記事内では “車の部品など” とする)

車の所有者に所有権のある、

車の所有者の所有物なのだから

それを勝手に車検屋が捨ててしまうのはどうなのか?

 

事前に一言、所有者に声をかけて、所有者の許可をとるべきじゃないのか?

 

事前に所有者の許可を得ないで

車検屋が、取り外した車の部品などを捨ててしまったら

人の物を勝手に捨てた(破棄・損壊した)ということで

器物損壊罪に問えたりしないのか?

 

 

人様から見れば

ものすごく、どうでもいい、というか

細かいことを気にしすぎるような、心の狭い質問内容かもしれませんが、、、、

やはり、理屈上どう判断されるのか?

そして現実的にもどう判断されるのか?

気になったので、弁護士さんに質問してみた。

 

 

それで弁護士さんいわく

「厳密に言えば、勝手に車検屋が、それらの車の部品などを

車の所有者に、一言も声をかけずに捨ててしまうのは問題ありでしょう。」

 

また、

「ただ、古くて、明らかに誰の目から見ても、ゴミであるのならば

その車検屋の親切心からの行動なのですから

あえて警察が問題にするようなこともないでしょう 」

、、、、とのことです。

 

そりゃ~、古くなって財産的価値が低くなっている物を

勝手に車検屋の判断で、新しい物を交換のついでに捨ててしまっても

所有者に、特に損害は無いですからね。

 

 

また、他の弁護士さんも

「古くなって交換して、もう使わないであろう物を

返してもらっても、どうしようもないので

代わりにそれらを車検屋さんに捨ててもらうのは一般的でしょう。」

、、、、、とのこと。

 

 

 

たしかに、車検屋にとって、客の代わりに捨ててやるのが

習慣的なっているのであれば、、、 (商習慣というのか)

それにその車検屋が、とくに

他の客にもそういうことしていても、何も言われていないのであれば

もはや客からの暗黙の了解というのか、

推定的同意があるとみなされるべきか。。。。

 

とにかく、事前に、客(車の所有者、持ち主)が暗黙的に、

車検屋の処分行為を了承している、許可している、ということで

弁護士の言うように、問題ない、と考えるべきなのでしょう。

 

 

 

なんというか、普通に常識的に考えて

古くなって使い物にならなくなった車の部品などを

車の所有者に返しても、どうしようもないですし(かえって失礼かも)

車検屋の判断で捨ててしまっても構わない、という

世間の認識なんでしょう。

 

 

それに 警察 に行って

「車検の際に、車検屋に、こちらが同意していないのに

車の部品などを勝手に捨てられた。

これは器物損壊事件じゃないか?」

と相談したとしても、間違いなく警察の対応は

「・・・・はぁ?」

といった感じのリアクションをされるでしょうね。。。。

 

事前に、車の所有者の同意を、捨てた車検屋が

得ていようが、いなかろうが

刑事的に問題にするようなことではないので、誰がどう見ても。

 

 

・・・・ただ、もしも車検屋が、

まだ古くなっていない、まだまだ十分使用可能な車の部品などを

「もう古くなって交換しないといけませんねぇ~」とか

嘘を言って、交換して取り外してしまい

その取り外した車の部品などを

他のところに売り飛ばして儲けていた (転売していた)

とかいうことであれば、それは問題ありでしょうね。

 

車の所有者ないし持ち主が、暗黙的に

部品とかの交換の際に、捨ててしまってもいい、と許可していたと見なされる物は

古くなってもう使えなさそうな車の部品などに限りますので、、、、、

 

こういうの器物損壊罪、というよりも詐欺罪とかで

警察に相談しに行くような事案でしょうよ。

そして、そういうことする怪しい車検屋も実際に存在するという、、、、

困ったものです。

 

 

なので、とにかく車検屋には、

交換した車の部品とかを一々捨ててもいいかどうかまで

事前に伝えてくることまでは求めませんが、

交換する際にはその旨だけは事前に一言ちゃんと伝えてくれたら

ありがたいですねぇ。。。。

 

具体的に

「自動車のどこどこの部品が劣化しているから

取り替えてもいいですか?」

、、、、、とか。

 

そういうこと、マメに伝えてくれる車検屋(自動車工場)は

伝えてくれるんですけどね。

 

私が毎回車検やっているところは

車検が終わって金払うときに

「ここと、あそこの部品やら備品やら、交換しときましたよ~」

と、事後的に伝えてくれるのですが、、、、

まぁ今まで、そういう感じでやってきたけれども

なにも支障なかったし、このままでいいか!って気持ちです。

 

 

 

 

SH

 

 

 

16歳で、車の運転免許が取れるようになった、という設定の日本での話。

JK(女子高生)が、普通に車運転してもいいことになったら

いろいろとヤバいだろぉ・・・

 

話の内容は、高校の自動車部での話。

 

・・・・高校に、自動車部、、、、だと、、、、!?

 

結構、話自体はおもしろかった。

高校の自動車部に属しているJKの日常会話とか斬新すぎる。

意味の分からない違和感を感じて、そこがかえって面白い。

 

アメリカなら16歳からでも免許取れるし

日本も少子化が進んで人口が減っていけば、いつかは

免許取得年齢も下がるかも?

選挙年齢は、すでに下がったし、、、、どうなんだろう。

 

 

<関連する記事>

 

車乗るのやめたい、と思う最近の日々

(記事後半)

 

5年ぶりに免許の更新手続きに行った話

 

 

 

<車検 自動車 備品 部品 同意 許可 処分>