おすすめ記事(スクロールできます)



将棋とチェスの歴史に基づくルールの違いについて

ボード

 

 

将棋とチェスの違うところについて思うままに書いていきたい。

あくまで素人考えなので、気にしないでください。

 

・・・ちなみに将棋は私はあまりできませんが、

チェスはまぁまぁできます。

素人に毛が生えた程度にできます。

 

 

将棋もチェスも、たしかインド発祥の チャトランガ とかいうボードゲームから

進化した物ですから、ルーツは同じなのですが・・・・

やはり進化した場所(国)の違いからか、

それぞれ独自的なルールになっていると思う。

 

チェスの場合は、いかにも西洋というか外国的なルール

倒したコマは敵味方どちらもドンドン盤上から完全に除外して

ゲーム後半になると盤上の駒の数がものすごく減ってスッキリして

単純化 される。

 

それに対して、将棋の場合は、これまたいかにも日本的なルールで

倒したコマは、一時的に盤上から取り除いて、持ち駒として

またあとから使用して盤上に戻すことができる。

よってゲーム後半になっても盤上のコマの数自体はそんなに減らず

より 複雑 になってくる・・・・

 

 

 

このルールの違いは、

やはり西洋と日本の歴史的な

戦の考えの違いによるのではないのかと。。。。

 

 

 

チェス、つまり 西洋の考え方 の場合は

倒したコマ、つまり敵は完全に殺してしまう物であり

そのコマないし、敵が、もう一度盤上という名の戦場へ

生還して仲間になったりして共に戦うことなんてないという

昔の西洋の、血みどろの戦の歴史というか

シビアな現実的な考えが、そのまま反映されているような気がする。

( 捕虜なんていらねぇ、全員処刑してしまえ、根絶やしにしてしまえ

そして人の人生は一度きりであります的な思考 )

 

 

それに対して将棋は、日本の歴史的、戦国時代?的な考えで

倒したコマ(敵)を捕まえて、使えるようであれば味方として引き入れるなりして

殺さずに、もう一度自軍から盤上というか戦場へ送り出してみよう、

みたいな、情けをかけるみたいな、そういう考えが現れているような気がします。

( 武士の情けをかけてやる、裏切りをして、寝返りをして、

こちらで戦わないか的な思考 )

 

 

・・・もちろん日本の戦国時代、そしてそれ以前の戦争の歴史も西洋に劣らず

血みどろではありますが、なんか戦国時代あたりから裏切りが多くなってきて

それを認めていくようなところがあったので

雰囲気的に、ちょっと日本の方が、

敵に対して情け深いかなぁ~とか思ってしまうわけで。

 

 

まぁ西洋にだって情け深いところももちろんあるのでしょうが、

基本一族郎党、根絶やしだし、バイキングの時代も容赦なし、大航海時代も

現地民に容赦なしでしたし、、、ねぇ?

 

 

 

しかし、私個人としては将棋よりも、チェスの方が好きでして(笑)

ルールも将棋より簡単ですし、なによりゲームが進むと盤面から

自ゴマも敵ゴマもいなくなり、戦況が分かりやすく

お互いにさせる手も限られてくるので、あまり迷うことが無い。

 

よって大体チェスの場合、1ゲーム普通の人ならば

かかっても20~30分くらいで勝負がついてしまうのですが、、、、

それに比べて将棋は、やはり、相手の取ったコマをお互いに好きに使える

というルール上、それなりに1ゲームが長くなってしまうわけで。

普通の人でも1時間以上はかかってしまうとか・・・

 

やっぱり将棋は忍耐力が必要だなぁ、と思う。

ずっと頭働かせて長時間作戦練ってないといけないし

将棋うっている人はすごい。

 

チェスの世界には男性と同じく

女性のプロみたいな人は何人もいるけど、

日本の将棋の世界に今まで女流棋士をのぞいて

男性と同じプロ棋士になれた女性がいないのは・・・・

やっぱ一勝負に時間がかかりすぎて、耐えられないからじゃないからかなぁ?

う~ん。

 

・・・まぁとにかく、ルールの違いは有るけれども

将棋もチェスも純粋にゲームそのものを楽しんだ物勝ち、ということで。

 

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

 

私の場合、まず初心者用のチェス本を1冊買って、それでルールを覚えてから

ネット上の無料の弱いコンピュータ相手に戦って

(1局15分くらいか、じっくりやっても)

そして、やられまくって

「ああ、ここにこうコマを進めるとダメなんだ~」

と、反省して、そんな感じで毎日1~2局くらいうって

コツコツやってたら、負けなくなった。

 

こういう感じで、ルールだけ覚えて弱いコンピュータ相手に

好きなときに15分くらい、遊んでいるのが

けっこうストレス発散になる。勝っても負けても。

 

なんか自分が今チェスさしているって思うと、

なんというかちょっと上品になった気がなんとなくする。

 

本読んで、定跡やら戦術やら、最後の詰めとかの勉強をつっこんで

するのもいいけれども、、、、、

正直、この歳で、めんどいし、別に強くなることが目的では無い。

 

コンピューターとチェスで優雅?に暇な時間

戯れることが目的なのである。

 

 

 

 

 

<将棋 チェス 歴史 ルール 違い ボードゲーム>