売買契約成立時に払う手付金は1円でも良い?

ほしょうきん

 

 

手付金 とは

売買契約が成立した時に、

その契約が成立した証拠として

買主側が、売主に、いくらか払う金のこと、でありますが、、、、、、

 

もし、その売買契約を、

契約当事者のどちらかが解約したい(無かったことにしたい)場合には、

その売買契約が、まだ未履行状態であれば、、、

(どちらも、支払ってもいない、引き渡してもいない、という状態)

その買主が支払った手付金を、買主が全額を放棄するか、

または

売主が、その受け取った手付金を2倍にして買主に返せば

その契約を解約できるというもの、です。

 

 

まぁ、家とか土地などの高額の

不動産の売買契約を結んだ際に、よくみられますね、手付金というのは。

(というか不動産関係の売買以外で逆に見られないです。)

 

・・・つまり、まぁ、なんというか

売主側からしてみれば、

買主に対して

「 これだけ高額な売買契約を結んだんだから

その契約を軽率に解約したりするんじゃねぇぞ?

こちらも簡単に解約されたら、たまったものじゃない!

余程のことが無い限り、解約せずに

ちゃんと代金全額を払って買えよ。 」

、、、という意味合いがあるのでしょう。

 

( こういうのを契約に、拘束力を持たせるって言うのか )

 

 

そして、そのすでに支払った手付金は

その売買契約が、そのままスムーズにいけば

買主の支払金額に充当されます。

 

たとえば1000万円の家の売買契約が成立して

その時に、その代金の10%にあたる100万円を手付金として

まず、買主が支払ったとしたら、

買主も売主も、その契約を解約しないのであれば

その契約の買主の履行時、つまり代金支払時には

買主は、代金の100万円はすでに支払い済みとして

あと、残り900万円を出せば、その家を買える、

自分の物にできるってことです。

(それで契約は履行されたことになる)

 

 

・・・まぁ家や土地などの不動産の売買契約を結んだときに

買主が支払わされる 手付金の相場 としては

売買金額(売買代金)の5%~10%くらいらしいですね。

(不動産関係の弁護士さんが言ってた)

 

あと不動産会社が、

普通の我々一般庶民相手に不動産を売るときには

法律で、手付金の上限は20%まで、と決められていますが、、、

これは、不動産会社が、その道のプロだから

このように法律で、手付金の上限を設けて規制しないと

不動産を買おうとする庶民ないし、一般人が

不動産会社から、

言葉巧みに、または、なかば脅しをかけられたりして強制的に

高額な手付金を支払わされるハメになった上で

不動産を買う契約を結ばされてしまった場合などに

買主側が

そのようにあまりにも手付金が高額になってしまうと

あとから簡単には、

その結ばされた契約を解除できなくなってしまう

可能性が高くなるからです。

 

 

まぁしかし、弁護士さんに聞いて確認も取りましたが

そのように

不動産会社から家や土地を買う時以外で、

手付金の下限や上限を規制するような法律の定め

というものは、無いみたいです。

 

 

だから不動産会社以外の一般人同士で

持っている不動産を売り買いするという

売買契約を結んだ場合には

手付金が、たとえ

たったの1円 ということで、

売買の当事者同士で、とりきめたとしても

別に構わないらしく、

それで契約も有効に成立して

普通に、その1円が手付金として扱われることになるそうです。。。

 

 

でも、そのように手付金が1円になった場合には

あまりも簡単に買主が(売主も)

売買契約を解約できてしまうようになってしまうので

先にも述べましたが

手付金として、まともに機能するとは思えませんがね・・・・

(簡単に解約させないための手付金だろ?)

買主は1円の損、売主は2円の損をすれば、解約できるとか、、、

どんだけ簡単なんだ?って感じになるでしょうね。

 

また、手付金が高くなりすぎても

逆に、売買契約の当事者が、その契約を解約するのが難しくなりすぎて

それはそれで、また問題があると。

なにか契約上のトラブルがあった際のことも考えて

それなり解約しやすくはしとくべきでしょうね。

 

だから先にも言ったように、

不動産の売買契約の場合は、一応

不動産会社から不動産を買うのであれ

一般人から不動産を買うのであれ

とりあえず、対象の不動産の

(というか不動産の契約でしか基本、手付金というのは見受けられませんが・・)

売買金額の5%~10%が相場、、、ということにはなっている、と。

まぁ、不動産の売買契約の場合は

これくらいが手頃な割合ですよね、たぶん。

 

 

まぁ明確に、法律で

一般人同士の不動産の売買契約時では

手付金の下限や上限を明確に決めてはいませんが

一応、相場が決まっているとはいえ

それには法的拘束力はないわけですし、、、

つまり、なんというか最終的には

不動産の売買契約の内容によって

当事者の都合に合わせて

もう好きに自由に手付金の金額を決めてください。

それでなにか問題が起こっても契約当事者の自己責任ですので

、、、って感じに

お上は考えているので

あえて法律で決めて規制していないのでしょう。

まぁ別に犯罪に関わる話でもなく、民事上の話ですからね。

 

 

あと、手付金って

基本、不動産を買う時だけに払う物ですよねぇ?

他の売買契約が手付金とかってあまり聞かないんですけど。

そうであれば、普通の人なら

一生の間に手付金なって払わされる経験なんて

そう何度もないのでは、とか思うかもしれませんが、、、、

 

私はこの前、100万円くらいの軽四の新車を買う契約を結んだときに

販売員から、普通に

「工場に車の発注かけますので、10万円だけ、先に払ってください」

とか、言われたんですけど。。。

こういうのも手付金として意味合いがあるんでしょうかね?

よく分からん。

 

とにかく不動産だけじゃなくとも

不動産に及ばずとも

少々高額な物を買う時には、先に、いくらかちょっとだけ

支払わされることは、よくあることなんじゃないでしょうか?

そういう金にも手付金としての機能があるのか、どうなのかは知りませんが

似たような物なんでしょう、おそらく。

 

 

 

 

<手付金 手付 売買 契約 最低額 買主 放棄 不動産>