おすすめ記事(スクロールできます)



鳥肉の卵とじをのせる料理は、元々出前専用だという話

 

 

うろおぼえの知識で書くので、ご理解を。

 

 

 

最近、知ったことだが、あのご飯の上に

鳥肉の卵とじをのせる料理っていうのは

明治に入ってから、どこぞの店で鳥鍋を出していたのだが、、、

 

 

その鍋を客が食べ終わった後に、

その客自身が最後に、その鍋の残った汁の中に

卵を入れてかき混ぜて、

ご飯の上にかけて食べていたのを、

その店の経営者らが見て、

コレをメニューとして正式に店で出して提供してみようかしら、

とか思ったらしいが、、、

 

 

 

でも、ちょっとコレを店で

客に、ひとつの料理として出すっていうのは

う~ん、とか思ったらしくて

とりあえず、店の中で出すのではなくて

おなじみの客などが注文してくれた時に出す

出前配達専用のモノとして、出すことにしたらしい、、、とか。

 

 

まぁつまり、客がやっているのを見て

店側が、うまそうだなぁ、とは思ったが、

店のメニューとして、そんなかき混ぜただけの簡単に作れるモノを

店から客に提供するのは、さすがに気が引けたので

自ら食べたい、という客にだけ

その人の家に直に、提供して持っていくことにした、、、と。

 

 

そんな感じか。

 

 

で、それから大体100年くらいたったあとに

やっと店の中で客に出されるようになったとか、、、、

 

 

店の中で、メニューとして出すまでに

結構長かったんだなぁ~

 

 

 

私も、この料理好きで学生時代、

駅前にある飲食店で

カウンターに一人で座って注文して、よく食べていた。

 

 

そこでは、ほぼワンコインで食えるのだが、さすがに

ご飯の上に鳥肉の卵とじをのっけるだけっていうのは

店側もアレだと思ったのか

味噌汁と、漬け物もあわせて出してくれたので

そういうのも目当てでよく通っていた記憶がある。

 

 

あと漫画とかも豊富に店内にあったので

食いながらよく読んでいた。

 

 

まぁいい思い出ですよ。

 

 

 

SH

 

 

 

 



 

<鳥肉 料理 歴史 調理 親子丼 発祥 由来 起源 丼物 鶏肉>