おすすめ記事



最初に製造された貨幣にあったメリットとは?、他

 

 

うろ覚えで、2記事、書きますよ。

 

 

目次

 

①初めて貨幣が製造され、その後、各地にも広まった理由

②サッカーのスローインは昔、片手で投げてたが変更された理由

 

 

 

①初めて貨幣が製造され、その後、各地にも広まった理由

 

 

マジで、うろ覚えで書きますので、

ふ~ん・・みたいな感じで読んでほしいです。

 

 

 

一番最初のお金は、

今から2700年くらい昔に、どこぞで作られて発行された物であるらしい。

 

 

それがなんか普通に商売とかで使われて、、、

そういう商売で使われた最初の貨幣であったらしい。

 

 

なんか平たいコインというよりは、なんか丸くて厚みのある物ですね。

印象としては。

 

 

で、そのお金に、その作られた地域の偉い人の印を書いて、

そしてそのお金を人々の間で流通させれば、

そのお金を発行した、この地域での権力者が誰であるのか、

示すことができたらしい。

 

 

そのお金を流通させればさせるほど、使われれば使われるほど、

その貨幣を手にした人達に、この貨幣に刻まれた印を示す偉い人は知れ渡るのだ。

 

 

あとその貨幣の使用地域を増やせば、増やすほど、

なんか利益が入ってきて儲かったらしい。

 

 

通貨発行益?とかいうヤツですかね。

 

 

たとえば100円の価値の有る硬貨を、10円で作って発行すれば、

なんか知らんが90円得するとかいうやつか?

 

 

価値ある物と、みんなから認識されて流通・使用されれば、

そういった利益も入ってくるでしょうね。

 

 

とにかく、いろいろと、その貨幣を流通させることにメリットがあったらしいので、

他の地域もそれいいね~と見習って、方法を真似るなどして

いろんな貨幣が様々な場所で作られ始め、流通させようとしたらしい。

 

 

そうやって広まっていったんですね。

 

 

 

②サッカーのスローインは昔、片手で投げてたが変更された理由

 

 

サッカーのスローインは両手できちんと投げましょう、

とかいうことに今はなっているらしいが、

大昔は、片手で投げても良かったらしい。

 

 

しかし、そんな中で、サッカーボールを片手で、

遠くまで投げれる人が出てきたらしい。

 

 

遠くにいる味方とかにまでも、パスできるとなると、

それは凄いことですよね。

 

 

遠投できるほど、腕も肩も良かったんでしょうかね?

まぁスポーツしている人は、基本なんでもハイスペックですから、

サッカーしてても野球とかも、かなりできるでしょうよ。

 

 

そして、そういう人が出てくると、

ルールも変えざるおえないのは、世の常識。

 

 

でないと、スローインゲーになってしまいますからね。

 

 

なので、あまり遠くまで勢い付けて投げられぬように両手で、

ということになったらしい。

 

 

まぁ両手でも遠くまで投げれる人は投げれますが、

それでもマシになったのでしょう。

 

 

 


二宮康明の紙飛行機集 戦闘機・飛行艇 (新10機選)

 

 

 

<歴史 貨幣 通貨 スポーツ 最古 硬貨>