UFOキャッチャーでは握力の強いクレーンが用意されてる時がある

 

 

なんか知らんが、この前絶対にクレーンの握力とれないだろう、と思った

大きなぬいぐるみが一発でとれてしまった。

 

 

後ろで見ていた、女性もポカーンとしていた。

 

 

いやいや。

こんなんじゃ商売にならんだろうw

と思ったが、どうやらそうでもないらしい。

 

 

(何回かやっているうちに、たまに握力が強くなる台もありますが、

あからさまに握力強めにしているとしか思えない台がある)

 

 

ほとんどのゲームセンターの

クレーンゲームのクレーンの掴む力というのは

めちゃくちゃ弱くなっていて、

頭使って少しずつクレーンでちょっとずつ掴みながら

なんとかとれないか位置をずらしながら

何回かかけて考えていくものなのであるが、、、、、

 

 

しかし、それでは、なかなか資金に余裕がないと

客は次第にこなくなってしまうので

場所によってはゲーセン側も、なにかしら考えているらしい。

 

 

たまには新規の客に甘い思いをしてもらわないと、、、

って考えているところも、あるようで。

 

 

 

たまにそこのゲーセンではクレーンゲームでも、数台くらい

握力調整して強くしている台があるらしい。

 

(もちろん日によって、その対象とする台は変えているらしい。)

 

 

 

でなきゃ、あんな簡単にとれんわな~。

 

 

(あとは在庫整理の時とかか、新しい景品とか入れたい時とかも

とれやすくしているのかもね)

 

 

 

でも、みんな、どうせ絶対に握力弱いからとれんだろ~という

先入観があるので

よほどのチャレンジ精神があって、何回か小銭投入する、と

あらかじめ決めていないとプレイしないわけで、、、

 

 

それかよほど意欲をそそられる景品でないとね。

 

 

 

私のような、なんかしらんけれどもダメ元で1回やってみようかな~

と思うような、何も考えていないヤツじゃないと

そういうことに、なかなか気付かないわけで。

 

 

 

まぁしかし、でも、もうチャレンジはしません、

どこのクレーン台だ握力今日は強いかなんて調べるほどの

予算資金も暇もないもので。

 

 

結局、ゲーセン側の意図がどうあれ、私がUFOキャッチャーに

トライしてのは、なんとなく気が向いたという、たまたまなことであって

そのデカイぬいぐるみをゲットできたのも、たまたま偶然ってことなのだ。

 

 

新年明け早々に、もうすでに今年一年の運使い果たしたんじゃないのか(笑)

 

 

 

とにかく、そのゲットしたデカイぬいぐるみを

いい歳した大人の自分が、ギュッと抱きかかえながら

夕方のデパートの内の通路を人目につかぬように

そそくさ、と駐車場まで逃げ帰ってくるのは、それはもう

その間に取れた喜びにひたることができました。

 

 

今、そいつは私のパソコンの横にいますよ、ニヤニヤが止まらん。

 

 

 

、、、、もしかしたら、なんだかんだ言って、もう1回ゲーセンいくかもしれん(笑)

 

 

こういう思考をやっぱりゲーセン側に、ガッツリ読まれている。

商売上手なのかも。

一度、甘い汁、というか甘い蜜を吸わせてもらい、享受してしまう、と

やっぱ人間は堕ちるわ。

 

 

ひたすら、もう一度あの快感を味わいたいと思ってしまう。

 

 

 

 

 

<握力 掴む力 クレーンゲーム ゲームセンター もてなし おもてなし UFOキャッチャー ゲーセン 新規参入 きっかけ 動機 新規顧客>