おすすめ記事



存在しているだけで税がかかる人間税とは一体?、他

 

 

うろ覚えで、4記事分、書きます。

 

 

目次

 

①居るだけで税金がかけられた、という話

②男で自信がある人は、子供の名前に自分の漢字を使いたい

③料理する時間を、簡単に短縮する方法とは?

④背中が刃状になっている豚の話

 

 

 

①居るだけで税金がかけられた、という話

 

 

今から300年くらい前に、とある海外であった税金であるが、

その内容は、どうやら男性は、この世に普通にいるだけで、

税金を払わないといけない、とかいう物であった。

 

 

その税金の額は、どうやら当時の国家予算の半分にまで達したらしいので、

お上としては、とても儲かりましたね。

 

 

 

・・・まぁしかし、この世の中で、特別なことをせずに、

普通に暮らしているだけで、

あれやこれや、と、いろんなところで税金とられますので、

そんなダイレクトな税金がなくても、実質あんま変わらないですよね。

 

 

食うために食料買えば税を払い、生活費稼ぐために働ければ、

その収入にも税がかかり、、、

 

 

(まぁもしかしたら、その内、働かなければ、その間、

無職税かけるとか言い出しかねませんが)

 

 

つまり、今現代みたいに細かくいろんなところで、

少しずつ課税する面倒さを考えれば、いっそのこと

存在しているだけで、あなたに税金課します、

といった物の方が分かりやすいのかも。

 

 

②男で自信がある人は、子供の名前に自分の漢字を使いたい

 

 

、、、らしいですね。

 

 

でも女性は、別に自分の子供に、

自分と似たような名前を付けたがらないらしいですね。

 

 

まぁ好み名前は付けたがるかもしれませんが。

 

 

 

まぁ男が生まれた場合は、父親は自分に自信があるのであれば、

なんか、自分の名前の漢字から一字つけてみるか~、みたいに思うらしいですよ。

 

 

娘だったら、どういう名前つけたがるんでしょうかね?

 

 

③料理する時間を、簡単に短縮する方法とは?

 

 

まぁなんと言いますか、なんか煮たり炒めたりする場合には、

なんか熱の通りにくそうな食材は、

少し小さめにカットしておくべきですかね。

 

 

しかし、あまりにも小さくすると、その食材が溶けてしまったり、いろいろ、

熱加えている間に、形を完全に失ってしまうこともありますので、

ほどほどに小さければそれでいいです。

 

 

具材は、小さいほど、熱の通りは、とにかく速くなるのですよ。

 

 

 

あと、なんか熱の通りが早そうな食材と、遅そうな食材を用いる時は、

遅そうな食材を先に、できるだけ原型はとどめそうな小ささで、

加熱してから、

その後、そこに、熱がすぐに通りそうな食材を入れてくださいね。

 

 

 

④背中が刃状になっている豚の話

 

 

なんか海外での言い伝えで、

背中が刃みたいに尖っている豚が、昔いたのだとか、なんとか。

 

 

で、銃で撃とうと思っても、刃状になっている背中で銃弾をそらされたり、

キンキンと、はじかれることがあるので、

倒し方としては、

隙を見て、背中を見せずに、腹や横を向いている時を、遠くから狙うのだとか。

 

 

 

 

<歴史 税金 名前 料理 調理>