おすすめ記事(スクロールできます)



足の指を、手の指として移植できる話

て

 

 

なんか知らんが、海外の動画で

動物の口に手の指でエサをつまんで、直接の口の中に入れてあげていた人が

その動物に指をエサ(ソーセージか?)と勘違いされてパックンチョされて

親指を根元から噛みきられていた人がいたのであるが。

 

 

で、その人は、もちろん親指を丸々と

食われてなくしてしまったのであるが、

なんか知らんが足の指、自分の足の人差し指を

手術によって骨ごと丸々とそのまま切り取って、(たぶん)

なんか知らんが自分の噛みきられてなくしてしまった

手の親指の根元の方にくっつけていった。

 

 

それで、無事くっついたはいいけれども、はたして

まともに動くのか?とか思っていたのであるが

なんかリハビリして、数ヶ月くらいたったあとには

普通に動かして物つまんだりしていたのであった。

 

 

で、それを見ていて、今の医術はすごいなぁ~ほぇ~とか

思ってしまった。

 

 

切れてちぎれた手の指とかでも

綺麗に切断されているのであれば、傷口を洗わずに

細胞をそのまま保っていれば

再接着は可能だと言うことくらいは知っているのであるが。

さすがに自分の足の指を代わりに接着するという発想はなかった。

まぁ自分の足の指であれば、拒絶反応とかも出ずに

移植することは可能なのかもしれませんが、それにしても

手の親指の代理として、神経くっつけて動かすことが出来るだなんて。

 

 

まぁ足の指の関節が、手の親指の関節数と、ちょうど同じだからできたのかも

とか思ってしまうのですが。

 

 

まぁ無事に移植できたとは言え、多少なりとも不格好な

親指に見えたのですが(手の親指にしては先が少し丸くてデカイ)、

まぁ代理機能は十分はたしていると。

 

 

なんというか、やろうと思えば

他人の足の指とかででも、移植できたりできるんじゃなかろうか。

まぁとりあえず今回は、ちょっと思ったこと書いてみた感じ。

 

 

 

SH

 

 

 

<関連する記事>

 

歯の治療ミスで接吻できなくなり訴えた話

 

傷を作った刃物に薬を塗れば治るかも?

 

 

 

<指 移植 足 手 手術 医療 発達 発展 進化 接合 切断>