おすすめ記事(スクロールできます)



工事現場で竹馬に乗って仕事したらダメ法律の話

タケウマ

 

 

海外のとある地域には

従業員は、竹馬をはいて

なにかしらモノとかを建てる工事現場の仕事をしてはいけない、とかいう

法律があるらしい。




海外ではスティルツとか呼ばれる

海外版の竹馬が存在するらしく

それも工事現場用の特別なモノが作られて

使用されているらしい。

(国内では、まず、それは使われてはいないだろう、たぶん海外のみ)




国内にある竹馬とは違い

手で棒の持ち手の方を持って、パカンパカンと器用に動かして

移動していくモノではなくて

まさに高下駄といった感じで

持ち手となる棒は無く、長い足があるだけ、といった感じなのである。




普通、工事現場とかで高所とかの作業をする時には

ハシゴなどの足場を用意して使ったりして

場所が変わると一旦降りて、それらを移動させないといけないという

手間がかかりますが、

その海外版の工事用竹馬をもちいると

簡単に移動することが出来て

楽にどこでも高所での作業ができるようになるため

海外の工事現場では重宝されていたとか。

 

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(AppStore)




しかし、たしかに、そのように便利ではあるのですが

その反面やはりドゥエンジュァーなところもあるらしく

バランスをくずしておっこちたり、たおれたりすることもあったとか。




なので、その海外でのとある地域では

そのトァクェウムァをコージとかで使ってはいけません!

というフォーリツが、わざわざ作られたのだとか。




ちなみに、そのトァクェウムァは

海外だけで売られているとか、そういうのではなく

普通にネットとかで国内でも買えますので、

それに値段もお手頃なんですよねぇ。




家とか、勤め先とかで使ってみたい人はドーゾ、

国内では規制するフォーリツは、たぶんない、と思いますので。




それで海外の、その地域のコージ現場で働くヒュームァン達は

そのトァクェウムァが使えなくなり、

いままで便利だから頻繁に使っていたのに残念だ、とかいっている。




まぁしゃーない、使ったら、たしか

ジューギョーインも、雇用主も

ペナルティとかいうことになっているらしいですので。




ああ、それにしても、竹馬かぁ・・・

のったことある人、今現代にどれだけいることやら。

子供の頃、なんたら学習とかで、のらせてもらうことなかったか。

授業の一環とか体験学習とかで、そういう昔の風俗的なことを

体験するカリキュラムはなかったのか。

ないのであれば、もうけるべきでしょう。

 

 

<関連する記事>

 

道路工事の仮設信号機を無視したら犯罪か?

 

ビーバーにダムの建設を中止するよう命じた話

 

 



 

 

<工事現場 竹馬 規則 高所 仕事 法律 禁止 大工 建築 建設 土方>