おすすめ記事(スクロールできます)



コンサート会場への不法侵入方法により罪名が変わる!

会場

 

たとえばの話ですが、

コンサートとかやっている会場に

金を払わずに入る方法として

おおよそ3通りの方法が考えられます。

 

① 会場の裏口などからコソコソと入る。

② なんとかして、そのコンサート会場の関係者だと偽って入る。

③ 入場チケットをカラーコピーなどして作った

偽造チケットを使用して正面から堂々と入る。

・・・・と、いったところでしょうか?

 

どれも、もちろん刑法に抵触する立派な犯罪となります。

① は建造物侵入罪(普通に会場に勝手にコッソリ侵入した)

② は詐欺罪(二項詐欺、、、関係者を装ってチケット代金の支払いを免れた)

③ は有価証券偽造罪、、、と、おまけに+詐欺罪

(偽造チケットを用いることにより、チケット代金の支払いをしなかった)

・・・・と、なりますね

 

つまり、同じ不法侵入であっても、侵入の仕方が違えば

罪名も変わってくる、、、、、ということ。

 

 

もちろん罪名も変わってくれば、量刑も変わってくる。

① の建造物侵入の場合は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金

② の詐欺罪の場合、10年以下の懲役

そして③の、有価証券偽造罪には、3ヶ月以上10年以下の懲役

(これにプラス詐欺罪も付いてくる)

 

よって、刑の重さから言うと

③ > ② > ① の順になる。

証券偽造(チケット偽造)した③の方法が一番重い、、、、、

それに加えて、詐欺罪が付いてくる可能性もある。

 

 

① ~③の侵入方法は、どれも人に怪我をさせたりして

危害を加えているわけでもないし

そんなに重くなるような罪でもないのだが、、、、、

 

単にコソコソと勝手にコンサート会場に侵入した①のやり方が

1番刑が軽いのはなんとなく分かる。

 

そして②の関係者を装って侵入する、というもの

① と比べてちょっとは頭を使っているのかもしれませんが

たいして①のやり方と、変わらないでしょう。

詐欺罪自体は、侵入罪よりも刑は重いが

今回の場合は50歩100歩でしょう。

 

しかし、③の侵入方法、、、わざわざ偽チケットを作って

それを使って、騙して侵入するというのは、ちょっとやりすぎ。

悪質ってことになりますね。

計画性も有り、手も込んでいるので、

そこがダメってことになる可能性が高い。

 

 

たとえば、お札とかをカラーコピー機で

印刷しただけであっても

警察にそのことが発覚すれば

それだけで捕まってしまいますので、

今回のようにそれと似た事案で

偽チケットを作って、それを使用して支払を免れようとするのは

お札のような現金を刷るの場合とまではいかないが

やはり警察とかからの、お上の目は厳しいです。

 

① 、②のケースで、誰かに見つかって

警察に通報されたとしても、、、、

現行犯で逮捕されるか、任意で署に連れて行かれるか、どちらか?

までは、分かりませんが

たとえ、事件化した(送検された)としても

裁判にまではかけられない(不起訴になる)可能性は高い、と思います。

 

しかし、③の場合は、ちょっと危ないかもしれない。

まぁ、初めてやった、ということであって

以前にも、同じようなことで捕まったことがなければ

(常習性がなさそうであれば)

コンサート関係者にゴメンナサイしたのであれば

検察などから大目に見てもらい

これまた裁判にもならない不起訴になる、というような

感じになると思いますが。。。。

 

 

まぁ、とにかく、今回のような感じで

目的が、金を払わずにコンサート会場に侵入することであっても

その侵入の仕方に多少でも違いがあれば

罪名は変わりますし、

罪の重さも罪名に応じて変わってきますよ~、ってことです!

 

 

 

 

 

 

<コンサート 不法侵入 侵入 会場 コンサート会場 罪名 量刑>