おすすめ記事



“手を洗う”という常識が、まだ無かった頃の話

ウォッシュハンド

 

 

今では、幼稚園でも先生から

お昼ご飯を食べる前に、園児達には

「ちゃんと食べる前に手を洗いましょうね~」

「ハーイ!」

みたいな感じで、当たり前的に

手を洗ってキレイにするのだが、、、

昔は、そんなことするのは「クソ食らえ!」という感じだったとか。。。

その頃の話を、今回はする。

 

 

・・・昔、大体今から150年くらい前、

とある病院での出来事。

その病院では、子供を産み終えた母親が次々と亡くなっていった。

 

 

それで、その病院に勤め始めたばかりの

とある1人の若手の医者が

「なんでこんなに亡くなってしまうのか?

なにかがおかしい・・・」

と考えた。

 

 

母親から子供をとりあげる医者達はみんな、

他の患者の治療とかでついた血で汚れた服を着たまま

さらに血のついた汚れた自分の手も洗わずに

次から次へと、他の出産直前の母親たちに立ち会ったりしていた。

 

 

もしかしたら、、、もしかしたら、、、、、

手を洗わないことがイケナイことなのではないか?

そのように、その若手の医者は考えついた。

そして、まわりの医者達に

とりあえず手を洗うようにすることを

すすんで実践させてみた。

 

 

もちろんこの時代に、細菌が、感染が、ど~のこ~の、という考えなんて

ほとんど無い。

なんとなくカンでやってみたのだ。

 

 

すると、なんと、今までとは違い

劇的に出産後になくなる母親達の人数が減ったのであった。

そのことにより

「ほぼ間違いなく、手を洗わなかったことが原因だ・・・」

と、その若手の医者は確信したのであった。

そして、さらに、いっそう手を洗うように呼びかけた。

 

 

しかし、そこの病院に勤める古参の医者達は

この若手の医者をクソ生意気なヤツだと、不快に思っていた。

この血で汚れた服にも問題があるかも、だと?

バカ言え、この汚れた服は

今まで私達が医療現場でケンサンを積み重ねてきた証である!

それに手を洗えだと?フンッ、バカバカしいわっ!!

若造が、これ以上、図に乗るんじゃねぇぞ!?

という感じで、いろいろ嫌がらせ等をして、

その手を洗うように呼びかけた若手の医者を

そこの病院から追い出した。

 

 

で、その後、すぐに

その医療現場で手を洗うようにすすめて

追い出されてしまった若手の医者は

ストレスから病にかかり亡くなってしまった。

けれども、その後、しばらくしてから

いろいろ調べられて詳しいことが分かり

その人の言っていたことは正しかったことが

世間に認められた。

 

 

・・・それにしても、なんという理不尽。

まぁでも、どこの病院でも、大体こんな感じなのかも、組織的な体質的に。

 

 

 

SH


LDhome ソープディスペンサー 自動 泡 オートディスペンサー 非接触タイプ 2段階調整 350ml USB充電式 IPX4防水 ハンドソープ 液体洗剤 食器用洗剤 キッチン 洗面所 様々な洗剤に対応

 

 

 

<関連する記事>

 

購入した魚の切り身は、洗った方がいいのか?

(記事後半に書いてあります)

 

 

科学的、非科学的の意味を簡単に説明してみる

 

 

 

 

<手 洗う 洗浄 気づく 気付く 最初 起源 始まり 歴史 考案 当たり前 常識>