おすすめ記事(スクロールできます)



追突されて自分の乗っていた車のメーカーを訴えた話

がーん

 

 

海外の話。

 

 

飲酒運転をしていた車が、

前の方で信号待ちをしていた車に

後ろから突っ込んだことがあった。

 

 

それで、信号待ちをしていた車に乗っていた

運転手の身内の何人かが怪我をしたらしい。

 

 

それで損害賠償してもらうために

後ろから突っ込まれて、被害にあった車の運転手側が

“自分の乗っていた車のメーカー”を訴えた。

 

 

え?・・・飲酒運転をして突っ込んできた

相手の運転手ではなくて?

どういうことだ。

 

 

 

アレだ、海外あるあるな話で、

直接の加害者が金持って無さそうな場合には

なんか事故に他に関係していそうなヤツを見つけて

ソイツが金を持っていそうであれば、ソイツを訴えるのだ。

 

 

金は、あるヤツから(取れそうなヤツから)請求して、取るのだ。

 

 

まぁ、大抵は弁護士からの入れ知恵で

「コッチの方を訴えた方が得しますよ~」とか

すすめられる。

 

まぁ、そりゃ弁護士も自分の報酬額を少しでも増やしたいですからね。

 

 

今回の口実は、

「自分の乗っていた車の耐久性に問題がある!」

 

 

信号待ちして止まっている車に、後ろから猛スピードで

突っ込んできたんだぞ?

耐久性も何もあったもんじゃない。

 

 

 

しかし、訴えは、しっかり認められてしまった。

5000億円の請求が、裁判で認められてしまったのである、、、が、

あとから、ちょっと多すぎて払えんだろ~、ということで

その5分の1の額である1000億円に減額された。

 

 

それでも十分多いよ。

どうやら、その車のメーカーの約1年分の利益丸々だそうで。

もちろんメーカー側も裁判の中で

がんばっていろいろ反論したのだけれども・・・

 

 

まぁこういう、なんか事故があったら

直接、関係なくても

その事故で使用された物のメーカー側が訴えられることは

よくあることだそうで。

 

 

購入した物の説明書に

「こういうことがあっても責任とれません!」

とか列挙して書いたとしても

どこまで効果があるのか?

 

 

訴えられる時は、訴えられるし、

請求が認められる時は、認められてしまう。

 

 

 

 

SH


焦らなくなる本

 

 

 

<飲酒運転 車 自動車 裁判 訴訟 損害賠償 損害 賠償 製造 メーカー 交通事故 事故 追突 製造元>