おすすめ記事(スクロールできます)



高い物1回盗むより、安い物何回も盗んだ方が刑は重い?

 

 

<質問の概要>


例えば、

店で 10 万円のものを1回盗んで捕まるのと、

何回も、店で 窃盗を働き、盗んだ合計額が 10 万円なのとでは、

処罰されるときに、どう取り扱いが違うのでしょうか?

どちら も 10 万円相当の窃盗を働いています。



たぶん罪数の問題になると思うのですが?

よくわか らないので詳しく教えて下さい。

 

 

 

<弁護士回答の概要>


>>店で 10 万円のものを1回盗んで捕まるのと、

何回も、店で 窃盗を働き、盗んだ合計額が 10 万円なのとでは、

処罰されるときに、どう取り扱いが違うのでしょうか?



罪数として前者は一罪、後者は複数成立し、全部が併合罪です(その間に確定裁判がはさま
れていなければ)。



処断刑は後者が重いです。



ただし後者でも特殊な態様の場合、

例えば一日で同一機会で同一の態様で複数回運び出した場合は、

一連の行為として窃盗一罪となる 可能性はあります。

稀(まれ)とは思いますが。

 

 

 

<私の考え>


要は、万引きの事例として、

Aという店があり、その店から

一回で10万円の物を窃盗するよりも、



同じAという店から、

複数回にわたって何度も窃盗を働いて

その合計額が10万円なら、

複数回にわたって窃盗をした方が悪質と見られて

量刑が重くなるということです。



また、複数回にわたって窃盗を働いた場合、

窃盗行為1回1回が一つずつ通常、

罪に当たる行為として数えられますが、

何日にもわたって、複数回窃盗に及んだのではなく

たった一日で複数回窃盗した場合、

一回の窃盗行為としてみなされることもあるそうです。



一度の高額の窃盗よりも、

複数回の軽微な窃盗の方が、

常習性があるとみなされ、

より悪質と、とられるのは、普通に考えて分からなくもないでしょう。

 

 



・・・・今回は以上です。



 

SH

 

 

著者は元万引きGメンです。

本の内容は主に著者の万引きGメンとしての仕事の中で、

印象に残った体験談だけを抽出して記載されてあります。


やはり普通の人は長く続けられる仕事ではないらしいです。


店内で万引き犯が商品をポケットに入れたのに、

警察官が「店の外に出ていないから」という理由で、

立件してくれなかった話は、実際ありそうだなぁと思いました。

(こんな場合でも誤認ということで万引き犯<客?>に謝らないといけないのか?)


あとは何もしていないのに万引き犯だと思い、

誤認逮捕してしまった万引きGメンの末路の話もおもしろかった。

本部とかに苦情入れられたらアレなんですね・・・


万引きの誤認逮捕するくらいなら、

まだ逃がした方がマシなのかもしれませんね。

 

 

<関連する記事>

 

裁判にならない軽微な事件は、裁判官以外で誰が裁定してる?

 

泥棒に盗んだ物や金を返せと裁判の中でどう主張していく?

 

 

 

<万引き 高額 窃盗 複数 量刑 悪質 軽微 常習 常習性>