おすすめ記事



上司と気が合わないなら早めに転職考えてもいい

きゅーじん

 

 

さっきまで寝ていたのであるが

夢の中で、なにかから

「なんか人間関係で(おもに上司と)悩んでいる新入社員のために

なんか記事かいたらどうだ?役に立たなくてもいいから」

というお告げを聞かされたので、ムダにこんな記事を書こうとか思って

今おきてパソたちあげたところ。

 

 

とりあえず、なんかテキトーに寝ぼけながら書くわ。

 

 

とにかく、どこか会社に入って、直属とかで付いた上司と

考え方があまり合わない、なんとなく合わないとか思ったら

一応脳裏に転職ないし、退職をちらつかせておくべきだと思う。

念頭においておくべし。

自分の身を守るためにも。

 

 

最初は、ちょっとしたすれ違い的な考え方の違いでも

月日がたつうちに、溝が深くなっていき、もうその溝は埋まらなくなってくる。

 

 

それに上司って言うのは、なんというか押しつけがましいヤツが多い。

上司のいうことももっともなのだが、

まず相手の人格を否定してから(頭ごなしに)

自分の意見を押しつけてくるので、それが耐えられなくなってくる。

若い奴でも、年取ったヤツでも、部下は耐えられない。

 

 

最初は、まだこの会社来たばかりだし、仕事覚えれば

なんとかやっていけるかも、なんとかなるかも、とか思ってしまうが

今の世の中そんなに甘くはない。

会社で芽吹く前に、まず上司にメンタルおられることが多い。

 

 

それに社長は、上司の性格を分かっていて放置しているので、

上司の上に相談すればなんとかなるっていうことは

まず大きな会社でも無い限り、ありえない。

なにかしら使えるから放置している。

つまり問題の根源はたどれば経営者にいきあたる。

 

 

とにかく仕事で気の合わない、というか、なんか自分の意見を

いつもとりあえず否定してくるな~とかいう上司に出会ったら

いつかなんとかなるとか思わずに、どっか別の会社行こうとか

思っておいた方が良いと思う。

 

 

「職場のやっかいな人間関係」に負けない法: 「あの人」の言葉のクセに解決の糸口がある (単行本)

 

 

そう、耐えられるにしても人間のメンタルなんてもろいものなので

特にまだ生活とかかかっていない、、、いや生活がかかっていても

潰される前に、キズが浅い前に、未練があっても、こちらから去った方が良い。

そんな上司の下で会社にしがみつくなんて、無駄な時間以外の何者でもない。

上司に対抗して、なんとかやっていこう、とか思う時間自体が無駄。

なに言ってもムダだし、でも、もしもその上司をなんとかしてしまったら、上司の仕事が

自分にそのまま降りかかってくることになる。

それを処理できるようになるには、年月がかかるので、新人の間は無理。

給料にみあわない労働がふりかかってくる。

気の合わないイヤ上司でも背負っている仕事はなかなかの重労働で

上司なんとかしたあと、それを新人1人でなんとかできるのか?

安い給料のままで?

つまり対抗心を燃やすこと自体が無駄な徒労。

 

 

それに人をどうにかするより、自分かわったほうが楽だし。

せっかく入った会社で悔しさはもちろんあるけど、

悩む時間や、嫌なヤツのこと考える時間自体が、時間の無駄。

そんなヤツのいる会社で、なんとかしようと試行錯誤する暇あるなら、、、

って感じ。

 

 

あと、誰かの話でもあるが、会社に新人として入ったら

上司が年の離れた人で、仕事においても家庭においても

なにもかもが価値観の違う人であり、何話しても合わないのである。

 

 

まぁしかし適当に合わせていればなんとかなる、と思ったが

だんだんと上司がイライラしてきたのか、辛く当たってくることになる。

そうなってめんどくさくなる前に、なんとかしろってこと。

毎日顔あわせる、となると、けっこうくるものがある。

 

 

入社する前は、どんなヤツが上司になるかなんて分からないし

はっきり言って運次第だが、そういう考えの合わないヤツが

上司になったら、せっかく入った会社だし、しばらくの間我慢しなきゃとか

思って耐えてしまうかもだが、時間経ってもどうにもならんよ、甘くない。

 

 

職場変えても、同じ事は起こり得るが、

今の職場でこのまま潰されるよりはマシだし、

とりあえず、しばらくバイトでもして気長に次の職場をどうするのか?

どうしていくのか、対策考えてみるってのも

ありなのでは?

まぁ生活かかっていても、自分1人のことだけなら、まぁなんとかなる。

それでも。

 

 

それに意外と職場かえたら、上司の気質が違うっていうのは

よくある話で。

気があうヤツはいないけれども、まぁ前よりはマシかなと。

 

 

そうであれば自分が仕事に対してやる気があって、

余計なことや、生意気なことさえ何も言わなければ、まぁ

無難にお互いにうまくやっていけることはある。

 

 

会社すぐにやめたら履歴にキズがつくとかいうヤツがいるが、

まぁなんというか、そこらへんはうまく考えればなんとかなるのである。

短期退職だろうが、なんだろうが、世の中には

自分を受け入れてくれる転職先がいくらでもあるということは知っておいてもらいたい。

仕事自体はいくらでもあるし、多少の前職に関しての情報も曖昧にしてもいい。

そもそも仕事さえ出来れば、今まで何してこようが気にもしない会社も多い。

 

 

つまり上司が多少はゆるく、今の自分にできそうな

職種の仕事ないし職場を探しましょう、ということ。

まぁあんま営業やら事務やらはおすすめしない。

 

 

イヤな人間関係から抜け出す本

 

 

<関連する記事>

 

「辞めろ」と言った上司に仕事を押しつけて逃げてきた話

 

みんなの前で叱ってきた上司を現行犯逮捕できる?

 

 

 

<就職 失敗 人間関係 転職 退職 上司 考え 精神 新人 新卒 新人潰し>